1. 加盟店様向けヘルプ
  2. その他
  3. 利用規約・セキュリティー
  4. よくある規約違反行為について

よくある規約違反行為について

以下の項目は利用規約に違反行為の説明となります。
是非、ご一読の上、ご理解いただけますよう、宜しくお願い致します。


QRコードをネット上で公開したい

PayPayは、対面での決済のみでご利用いただけます。

Web上などにQRコードを掲示する行為は、PayPay加盟店規約に違反する行為となります。
以下のような違反行為を弊社が検知した際は、加盟店様のサービス利用を停止、また該当取引利用者のPayPayボーナスの付与を取消しする場合がございますのでご注意ください。

違反行為例

  • 違反行為例1

    QRステッカーを写真でとってネット上に公開する。

    違反行為例1
  • 違反行為例2

    SNS(TwitterやFacebookなど)にQRコードを掲載する。

    違反行為例2
  • 違反行為例3

    電子メールにQRコード掲載する。

    違反行為例3

正しい利用方法

  • 正しい利用方法

    店舗のレジ横にQRコードを設置する

    正しい利用方法


分割決済をしたいというお客様が来店した

PayPayでは、分割での決済を禁止しております。

通常1回で売上処理をすべき商品代金を、複数の売上として処理する行為は、PayPay加盟店規約に違反する行為となります。
以下のような違反行為を弊社が検知した際は、加盟店様のサービス利用を停止、また該当取引利用者のPayPayボーナスの付与を取消しする場合がございますのでご注意ください。

違反行為例

  • 違反行為例1

    51万円の商品を、PayPay50万円+他の決済手段1万円で支払う

    違反行為例1
  • 違反行為例2

    6,000円の商品をPayPay3,000円+PayPay3,000円と2回に分けて支払う

    違反行為例2

正しい利用方法

  • 正しい利用方法

    6,000円の商品をPayPay6,000円で支払う

    正しい利用方法


PayPayアプリ(お客様向け)で個人のアカウントにて商品代金の授受を行いたい

送金の機能は、加盟店向けのサービスではございません。
送金機能を用いて、商品代金の授受を行う行為は、PayPay加盟店規約に違反する行為となります。


参考になりましたか?

送信しました。回答ありがとうございました。

解決しなかった場合は

お問い合わせフォーム

TOP