1. 加盟店様向け 売上アップノウハウ
  2. 成功事例
  3. 業務が効率アップ!「キッチンカー(コーヒー)」

業務が効率アップ!「キッチンカー(コーヒー)」

新時代コーヒーを「キッチンカー」から拡大中

ライフスタイルにあったひとに飲んでほしい「こだわりのブランディング」にPayPayもお手伝い

キッチンカーは固定店舗に比べて初期投資が抑えられる分、良いものを低価格で提供できます。

ハワイ・ノースショアから、スーパーフードとコーヒーを組み合わせたヘルシーなスーパーフードドリンクバーが海外初進出・日本初上陸。集中力アップやスタミナアップ&キープ、ダイエット効果など「アップグレード」が期待される飲み物。そんな新時代のコーヒー「THE SUNRISE SHACK COFFEE」の森永さんにお話をうかがいました。

お写真:THE SUNRISE SHACK COFFEE様(東京都渋谷区)

コーヒー業界「第4の波(フォースウェーブ)」を日本に

1960年代インスタントコーヒーで急速に家庭に広まった「ファーストウェーブコーヒー」、2000年から流行しているスターバックスなどシアトル系は「セカンドウェーブコーヒー」、コーヒー本来の価値を重視する第3のコーヒーを「サードウェーブコーヒー」と呼びますが、2019年には第4の波が来ているのをご存知でしょうか。こちらのお店はこの「フォースウェーブコーヒー」を扱うお店。

うちで取り扱っているのは、スーパーフードをとりいれた機能性コーヒーなんです。

自分のライフスタルにあったひと、自分のからだを大切にしているひとをターゲットにしています。

誰にでも飲んでほしいというよりは、ターゲットを絞っています。
そのため、クレジットカード決済は導入せず、現金のみで始めました。

そんなとき、知り合いの紹介でPayPayの営業と話をする機会があって。
PayPayの初期導入費用無料や決済システム利用料無料、翌日入金などのメリットを聞いたうえで、うちのブランディングとマッチするのか、社内でかなり議論しました(笑)

今のニーズにあっている、という判断で導入しました!

――PayPayユーザーは、1日に何人ほどいらっしゃいますか?

現金と合わせた利用者の数は、平日だと平均60人くらい。土日は平日の1.5倍になります。

そのうちPayPay利用者は1割、多いと3割くらいです。



――PayPayを導入して、良かったことはありますか?

業務効率がよくなりました!

現金に関わるコストの削減や手間も省けています。

PayPayをいれたことでそんなに売上は変わらないと思っていたのですが、導入した次の日、お店の前を散歩していたかたで、 「現金は持っていないけど、PayPayは持っている」と言って購入してくれたんです。それが初めてのPayPay決済でした!

お写真:PayPayを利用してくれたお客様が連れていたワンちゃんの記念写真

うれしくて、営業にメールしましたよ(笑)

――お財布がなくても、スマホは持っている、そんなPayPayユーザーに利用いただけたようです!



店の外観もレイアウトもこだわりがあるんです。
グッズ販売もしていますが、体にいいものだけを置いています。

鎌倉からスタートした1台のキッチンカーは、原宿にも出店、そして白馬へも

取材の日はなんと白馬のオープン前日!(お忙しいところ、すみません)
来年春には、都内のオフィスでカフェとしての出店予定とのこと。

キッチンカー業界を盛りあげたい

わずか1年で、1台のキッチンカーから、固定店舗に。
すごいスピードで夢が叶っています。

心やカラダ、両面が充実したライフスタイルを意識した商品を取り扱うこちらのお店。
高いブランドイメージを創出していこうという時期に、「QRをコード決済」PayPayを導入していただき、お役に立てているというお話が聞けました。


「PayPayは今の時代にあっている」というお声は他の加盟店様からもいただけております。

公開空地(こうかいくうち)が増えていますから、活用してみてはいかがでしょうか。

今後も様々なお店でPayPayが利用しやすくなるツールやサービスを提供していきます。

 

「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事