1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. スマホ決済記事一覧
  4. スマホ決済の個人間送金のメリットとは?対応しているスマホ決済サービスも紹介

スマホ決済の個人間送金のメリットとは?対応しているスマホ決済サービスも紹介

女性 スマホ

現金よりも融通がきいて、クレジットカードよりも手軽に使える。
そして、個人間送金などの機能も充実している。そんなスマホ決済サービスは、もう使ってみましたか?

ものを買ったり飲食店でご飯を食べたりすると、必ずお金のやりとりが発生します。

たとえば、外出先で現金が足りなくなり家族や友人に出してもらったり、割り勘をするときに小銭が不足したり……一度はそんな経験もあるのではないでしょうか。

このような個人間の現金のやりとりで発生する「困った」を見事に解消してくれるのが、クレジットカードでも、電子マネーでもなく、スマホ決済の個人間送金機能なのです。

今回は、スマホ決済の個人間送金のメリットや対応サービスの一例を紹介します。

スマホ決済の個人間送金機能とは?

スマホを見る女性

まずはスマホ決済の個人間送金とはどのようなものなのか、詳しく解説します。

スマホ決済の個人間送金は銀行振込のようなもの

スマホ決済での「個人間送金」という機能は、銀行振り込みと同じようなものと考えて大丈夫。

一般的にクレジットカードや電子マネーは、商品の購入やサービス利用などに対する「支払い」にしか使うことはできません。

しかし、スマホ決済の場合は自身が持っているアカウントが銀行口座のような役割を果たすため、他の人のアカウント宛てに送金することもできます。

ただし、個人間送金は全てのスマホ決済サービスに付随している機能ではないので注意が必要です。
さらに、個人間送金として受け取った際に利用できる残高の用途もスマホ決済サービスによって多少異なります。

QRコード決済では、個人間送金ができるサービスが多いです。

「前払式支払手段事業者」であれば手軽にユーザー同士で残高を送り合うことが可能

スマホ決済事業者のなかで、もっとも多いのが「前払式支払手段事業者」です。

一般社団法人日本資金決済業協会によって認定された事業者で、株式会社PayPayもこの一員。

前払式支払手段事業者が提供する決済サービスは、手軽に個人間で残高の譲渡を行うことができます。

ただし譲渡された残高は現金として出金することはできないので注意してください。あくまでお店などでの支払い時に利用するための残高だと認識しておく必要があります。

「電子決済等代行業」は銀行との連携を仲介する

通常、スマホ決済を使って個人間送金を行うためには、現金やクレジットカードからチャージまたは決済をする必要がありますが、銀行口座から直接個人間送金を行うことができるサービスもあります。

当然、銀行口座開設時に本人確認は必要となるものの、チャージの手間が減るため銀行口座間で送金できるメリットは大きいです。

また、電子決済等代行業のスマホ決済であれば、異なる金融機関の間であっても送金や出金にかかる手数料は無料となることが多いのも魅力的なポイントといえるでしょう。

スマホ決済における個人間送金機能のメリット

個人間送金

スマホ決済において個人間送金に対応する事業者は徐々に増えてきていますが、なぜこれほどまでに高いニーズがあるのでしょうか。

スマホ決済の個人間送金は、こんな場面で役立ちます!

  • 飲み代やランチでの割り勘
  • ドライブ費の徴収
  • 仕送り
  • 自分の残高がお会計金額に満たなかったとき、仲間から残高を貸してもらえる

1. 現金と同じ感覚で扱える

スマホ決済の個人間送金機能は、友人や家族にお金を借りるときや、飲み会や食事会などでの割り勘、レジャーに出かける際に車を出してもらった人への交通費のカンパなどで活用できます。

スマホ決済は一人ひとりから現金を集金する手間がなくなり、その場でスマートに現金と同じ感覚でシェアできることが最大のメリットといえます。

2. 仕送りなどで銀行振込が必要な場合にも対応できる

資金移動業者の場合は現金としての出金も可能なため、銀行振込と同じ感覚で利用できます。

また、振込手数料に相当する送金手数料は無料であることが多いため、コストの節約にもつながるはずです。

1日の送金限度額はあるものの、ちょっとした仕送りや振り込みをする際には銀行振込に比べてはるかに利便性は高いといえるのではないでしょうか。

3. 銀行の口座振込とは違い、営業時間外や休日でも即時送金可能

スマホ決済の個人間送金は銀行の営業時間に左右されることなく、使用することが可能。

土日祝日や深夜であっても即時送金可能で、すぐに残高が反映されます。これは銀行振込にはないスマホ決済ならではのメリットといえるでしょう。

スマホ決済の個人間送金に対応している事業者

笑顔 女性

ここからは、個人間送金に対応しているスマホ決済事業者をいくつかご紹介していきます。

今回は、先ほど紹介した「資金移動業者」、「前払式支払手段事業者」、「電子決済等代行業」それぞれのパターン別に代表的な事業者をピックアップしました。

PayPay

本人確認 不要
送金(譲渡)手数料 無料
出金手数料 -
送金(譲渡)限度額 10万円
現金出金可否 不可
出金可能銀行 -
その他特徴 キャンペーンが豊富

PayPayは、数あるスマホ決済事業者のなかでも多数のユーザーを抱えているため個人間送金の対象となる人は他社に比べて多いです。

個人間送金自体の機能は、周囲に同じサービスを利用している人がいて初めて活用できるもの。

そのような意味では、PayPayはもっとも実用的なスマホ決済サービスといえるのではないでしょうか。


いますぐPayPayアプリをダウンロード


PayPay以外でスマホ決済の個人間送金に対応している事業者(※)

  • 楽天Pay
  • LINE Pay
  • J-Coin Pay

(※)2019年7月15日時点の情報です

スマホ決済で個人間送金を有効に使うために

スマホを指差す

スマホ決済において個人間送金機能を有効に活用するためには、どのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。

また、おすすめの利用方法についてもご紹介していきます。

各種キャンペーンを有効に活用する

スマホ決済の最大のメリットといえば、還元キャンペーンの存在です。

キャンペーンを有効に活用することによって、現金よりお得に買い物をすることができ、還元率も一般的なクレジットカードに比べてはるかに高くなっています。

受け取った残高をショッピングなどに利用する際にはキャンペーンの還元率に注目することで、もっともお得に使えるスマホ決済サービスが見えてくるはずです。

飲み会や食事会でも積極的に活用

飲み会や食事会など大人数の参加者から集金をする場面においては、積極的にスマホ決済を活用することで集金の手間が大幅に軽減されます。

割り勘機能を有しているスマホ決済サービスを利用すれば、一人あたりの料金を計算をする手間が省けるため、会計が楽になります。

忘年会や新年会、歓送迎会などのシーズンはスマホ決済に対応した飲食店の中からお店を選ぶことによって、幹事の負担も大幅に軽減されるはずです。

複数のスマホ決済サービスを使い分けて比較してみる

さまざまなスマホ決済が林立し、どれを使えば良いか分からない場合は実際にいくつかのサービスを使ってみたうえで判断すると自分に合ったスマホ決済サービスを選ぶことができます。

キャッシュバック特典や手数料など、経済的なメリットはもちろんですが、スマホ決済アプリそのものの使いやすさも重要なポイントです。

使いやすさは、実際にユーザーになってみて初めて分かること。

気になっているスマホ決済があればまずはアプリをインストールして、自分に合っているかどうかを確認するのがおすすめです。

個人間送金の用途と目的に合わせてスマホ決済を選んでみよう

一口に個人間送金といっても、人によって使い道はさまざまです。

家族間での仕送りをする際に銀行口座代わりとして利用するケースもあれば、飲み会や食事会の割り勘をメインに利用する方も多いはず。

それぞれの用途によっても適したスマホ決済サービスは異なるため、手数料の仕組みや周りの友人・知人の利用状況などを考慮したうえで、最適なスマホ決済を選んでみましょう。

PayPay加盟店に申込む(無料)

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

電話での申し込み
お問い合わせ

お電話でのご相談を土日祝日もサポートセンターにて対応しています。お気軽にお問い合わせください。

導入を検討している店舗様

0120-957-640

10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

申し込み、導入のご相談 0120-957-640

【受付時間】 10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

導入済み または 審査中の店舗様

0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応

導入済み または 審査中の店舗様 0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応