1. 加盟店様向け 売上アップノウハウ
  2. 成功事例
  3. 券売機に「メニューごと」の固定金額QRを貼る

券売機に「メニューごと」の固定金額QRを貼る

券売機とQRコードが一体化

真似したい!お客様も迷わず購入でき、オペレーションミスも軽減

――券売機をご利用でメニューをたくさんおもちのお店様はぜひ参考にしてください。

大忙しのランチタイムは毎日120人のお客様が!券売機でやっとまわっているのに、PayPayは無理!?…ではなかった!

驚きの解決法

「はじめは券売機があるのでPayPayは無理だと思っていたんです」と教えてくださったのは、「肉 BISTRO TONO」のオーナー山﨑様。

「肉 BISTRO TONO」は東京都港区にある行列必至の人気店です。
黒毛和牛やオーガニックビーフ、厳選牛をお手頃価格でお腹いっぱい堪能できるとあって、ランチタイムは1日平均120食が提供されます。 今回は、そんな繁忙店で券売機と金額固定QRを活用したオペレーションをご紹介します!

券売機はお金のやりとりがなく、紙で発券されるため、キッチンとの連携もミスなく行なえます。そこへPayPayも…となると運用が心配。諦めていました。

そんなとき、「券売機にもPayPayを使いましょう!」
お店の悩みを解決すべく、PayPayの営業が解決策を生み出します。

お店が抱える不安要素をすべて聞き出し、解決法をご提案

「PayPayだと発券されないから運用できない」と言えば、チケットを使ったオペレーションを提案してくれて。

もう、PayPay営業の熱意にやられたという感じ(笑)
「やってみよう!」という気持ちにさせてくれた。

あとはスタッフが慣れるしかなかった。こちらでも対策を練りながら、いまのかたちになりました。

お写真:肉 BISTRO TONO様(東京都港区)

お店とPayPay営業で作りあげたオペレーションをさっそくご紹介!

運用方法

【STEP:1】固定金額QRを券売機のボタンに貼ります

固定金額QR作成方法

【STEP:2】お客様の決済画面を確認し、【STEP:3】チケットを渡します

【STEP:4】お客様にはテーブルにチケットを置いてお待ちいただく

【STEP:5】お料理とチケットを交換します

――PayPayを導入したキッカケについて教えてください。

クレジットカードは導入していたけれど、時代的にキャッシュレスがきていると思っていて。
飛び込みでPayPayの営業が来たので、話を聞いたら、導入費用無料ということでとりあえず入れてみたんです。

決済システム利用料は期間限定とはいえ、無料はありがたいし、なによりも入金サイクルが早いのがいい!クレジットカードでは月に6回とか3回のところもある。そのたびに手数料がかかるのがネックだったけど、PayPayは無料でしかも翌日入金はうれしい。
ジャパンネット銀行なら、ずっと無料なんだよね。

――来店するPayPay利用者について教えてください

ランチタイムは1日平均120食、そのうちPayPay利用者は30名くらい。
多いと50名ほどになります。

券売機に導入したのは2019年9月からだけど、キャンペーン効果もあってか、利用者は増えています。

客層は、20~30代のひとが多いかな、若い人はキャンペーンなど情報を知っているからPayPayを使うひとが多い印象ですね。 40代以上は、クレジットカードが多いですね。

夜はクレジットカード利用者が多いので、「PayPayはおもちですか?」と勧めています。

PayPayはお店としても助かりますし、お客様にも還元されますから。

――PayPayを入れていない、というかたにはアプリのダウンロードをしてもらっているそうです。なんとうれしいお話!

今日も他社のキャッシュレスから営業が来たけど、PayPayの無料、翌日入金には勝てないよね。あと、営業の熱量もね!


お困りごとがありましたら下記も参考にしてください

PayPay加盟店よくあるご質問

※決済システム利用料:ユーザーが読み取る支払いのみ対象です。2021年9月30日まで無料です。
※入金手数料:ジャパンネット銀行の場合は永年無料です。その他金融機関の場合は2020年6月30日まで無料です。

「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事