1. 加盟店様向け 売上アップノウハウ
  2. 店舗運営効率化
  3. 決済手段が多い時の管理テクニック

決済手段が多い時の管理テクニック

※10月28日(木)から11月上旬にかけて順次PayPay for Business(Web版)の画面デザインをPayPay for Business アプリ版のデザインへ統一いたします。そのためページ内の画像と一部異なる部分がございます。

お客様の決済番号[下4桁]で管理

PayPay以外に、クレジットカードや電子マネーなど様々な決済手段を用意している、というお店は「どれがペイペイの支払いだったかな?」と迷ってしまうことはありませんか?

いろいろな決済手段があるお店は、ぜひ参考にしてください。
とくに、ホテルなどの宿泊施設、または美容院などのオーナー様は参考になるかもしれません。

年末年始でお忙しいときにも、お使いいただけるテクニックです。

美容室やホテルなど、サービス業の加盟店様から、「PayPayの決済履歴を後から見たときに、どの決済がどのお客様のものかわかるようにしたい」というお声をいただくことがあります。

そんなときは、決済番号の下4桁を控えておくのはいかがでしょうか。

「PayPay for Business」で決済番号を確認して、突き合せをすることができます。
実際に大手ホテルチェーン店でその方法を使っていらっしゃるとのお話を伺ったことがあります。

お客様(PayPayユーザー)の決済番号確認方法

お客様のスマホの決済完了画面で、金額の横にある虫眼鏡マークをタップしていただきましょう。

金額と決済番号が大きく表示されます。
「詳細を見る」をタップしても確認できますが小さいため、この方法をおすすめします。

お店側の決済番号確認方法

(1)「取引」>「期間設定」をクリックすると期間が選べます

「取引日時」「取引ステータス」「取引金額」「決済番号」をご確認ください

決済した期間は、カレンダーから指定いただくか
(3)「今日」「昨日」「過去7日」「過去30日」から選ぶこともできます
(4)csvデータをダウンロードすることもできます

取引履歴データダウンロード方法ヘルプページ

  • 「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

TOP