1. 加盟店様向け 売上アップノウハウ
  2. 店舗運営効率化
  3. 売上管理をスムーズにする!取引履歴データダウンロード方法

売上管理をスムーズにする!取引履歴データダウンロード方法

PayPay決済の確認方法

取引履歴をダウンロードすると売上管理が楽に!

PayPay for Businessで売上管理ができます。ダウンロード方法やグラフの表示方法などを解説させていただきます。

PayPay for Business ログイン

取引検索期間は最大366日までです。ご希望の取引検索期間が367日以上の場合は、複数回に分けて検索しダウンロードしてください。

取引履歴データダウンロード方法

(1)PayPay for Business ログイン後、「取引」を選択


(2)画面上段に「グラフ」、下段に「履歴」が表示されます。

※「グラフ」と「履歴」それぞれ、各項目のフィルターで設定することができます。取引履歴は、下段の「履歴」で確認できます。

期間を指定したい場合

履歴」にある「期間」を選択

指定したい年・月・日を選択したうえで、「適用する」をクリック

CSVをダウンロードする場合

指定した期間の取引履歴が表示されます。
取引履歴をCSVダウンロードする際も、設定したフィルタの条件でダウンロードが可能です。



「CSVをダウンロードする」を選択

ダウンロードマークが青色になったら準備ができました。マークをクリックするとダウンロードできます。


ダウンロードされたデータは圧縮(zip)形式です。解凍するとエクセル(csvデータ)になります。

圧縮(zip)ファイルを開くには解凍が必要となります。解凍方法はお使いのデバイスによって異なりますので、ご不明な場合はご利用のメーカー先へお問い合わせください。

取引履歴の確認方法についてヘルプページ

決済データ(csv)をエクセル(xlsx)にする方法
(Windows 10 Pro/ Ver1903)

(1)エクセルで「新規ブック」を作成する

(2)エクセルタブ「データ」から「テキストまたはCSVから」をクリック

(3)さきほど解凍したエクセルデータ(.csv)を選択(インポート)する

(4)「読み込み」を選択する

(5)「決済番号」など、セルに12桁以上の数値があると、値がそのまま表示されないことがあります。その場合は、正しい数値に変更したいセルの数字(123)から、テキスト(ABC)を選択します。

(6)列タイプの変更で「現在のものを置換」を選択すると、正しい数値が表示されますので「保存して読み込む」(閉じて読み込む)をします。

画面表示が異なる場合はこちらのヘルプページも参考にしてください

●エクセルをお持ちでない場合

Googleのスプレッドシート(無料)を使ってみてはいかがでしょうか。

無題のスプレッドシートを開く⇒
ファイル>インポート⇒「アップロード」
ファイルを選択⇒「テキストを数値、日付、数式に変換」で、「いいえ」を選択
これで、数値が化けずにスプレッドシートに取り込めます。

●Macをお使いのかた

iOS 11以降であれば、「Numbers」というソフトがおすすめです。
Microsoft Excelと互換性がありますし、エクセルやPDFに変換可能です。

月に一度ダウンロードすることをおすすめしています。

一度にダウンロードできる件数は最大10,000件です。
また、取引検索期間は最大366日までですので取引履歴は月に一度のダウンロードすることをおすすめしています。

PayPayのデータフォーマット

No 項目名
1 決済番号 1234567890123456789
2 加盟店ID 12345678901234567
3 屋号 PayPay
4 店舗ID 12345678901234567
5 店舗名 銀座店
6 端末番号/PosID 00-abcdefgh12345678
7 取引ステータス 取引完了
8 取引日時 2018/10/01 19:00:00
9 取引金額 500
10 レシート番号
11 支払い方法 PayPay残高
12 取引確定期限 2020/11/03 09:10:10
13 加盟店決済ID

ピボットテーブルを用いた店舗別決済集計方法

ピボットテーブルとは、膨大なデータを集計したり、分析したりできるMicrosoft Excelの機能です。



(1)上部タブから「挿入」を選択し、(2)「ピボットテーブル」をクリック



(3)新規ワークシートを選択して、「OK」をクリック

(4)「Sheet2」ができます。左のピボットテーブルをクリックすると右側にピボットテーブルのフィールドが出ます

(5)赤枠内の項目を青枠内にドロップ&ペーストします

店舗別の売上を把握する方法

店舗別の売上を時間別で把握する方法

店舗別の単価別売上個数を把握する方法



Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

この記事はいかがでしたか?

送信しました。回答ありがとうございました。

  • 「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

TOP