1. 加盟店様向け 売上アップノウハウ
  2. スタンプカード事例
  3. スタンプ事例図鑑「魔法のパンケーキ 木津川店様」飲食編

スタンプ事例図鑑「魔法のパンケーキ 木津川店様」飲食編

今回はスタンプカードをうまく活用されている加盟店のスタンプ設定条件や、特典の設定理由、実際に感じられている効果をご紹介します。

店舗名
【PayPayアンバサダー】※1
魔法のパンケーキ 木津川店 様(飲食/京都府 木津川市)のケース

※1 PayPayアンバサダーとは・・・PayPay加盟店の代表として、PayPayを積極的に活用し情報発信いただいている公式認定コア加盟店の皆さんのこと。さまざまな業種/業態でのPayPay利用事例や活用ノウハウの発信にご協力いただいています。

魔法のパンケーキ 木津川店 さんは、京都の美味しいパンケーキのお店です。見ているだけで楽しくなるような色とりどりのパンケーキと、おしゃれで居心地のいい雰囲気が特徴で、キッズルームやペット連れokのテラスも備えているため、さまざまな年齢層から愛されているお店です。


※お店の写真

以前は複数のキャッシュレス決済サービスを導入されていましたが、手数料が抑えられることやユーザーの利用希望の声が多いことから、今はQRコード決済はPayPay一本に絞られているのだそう。
PayPayがキャンペーンを開催している時は、目に見えて来店数が増え、お店の売上にも大きく響いたそうです。

そのことから、PayPayのキャンペーン以外にも、お店限定のキャンペーンを実施したい!と、特定の時期にお店独自の設定で実施できる、PayPayクーポンを発行いただいております。

集客したいタイミングで予算を絞ってPayPayクーポンを発行することで、費用以上の効果を得られるそうです。

PayPayスタンプカードで集客効果!来店間隔が1〜2週間短く

魔法のパンケーキ 木津川店 さんではPayPayクーポンだけでなくPayPayスタンプカードを発行されています。元々スタンプカードを導入する予定で、会社ごとのサービス比較をされていたとのこと。その際に決め手となったのは、PayPayスタンプカードの自動でたまる仕様でした。

押印する手間がかからないことは、スタッフにとってもレジ周りの工数削減に繋がり、さらにお客様からも面倒なしにオトクに使える!ととても好評でした。

さらに発行内容にもこだわって、お店とお客様の双方が”嬉しい”設定にされています。

押印数は、お客様がすぐにたまることをイメージできるよう5つでプレゼント交換の設定。
2人以上のお会計で届きやすいよう、税込2,500円以上のお支払いで利用できるようになっています。
お店の利益に影響を受けすぎないよう、プレゼントは「100円引き」に設定されています。

上記のようにためやすい代わりにプレゼントの額も大きすぎない設定になっていますが、それでもスタンプカードがあるという「オトク感」からお客様の来店頻度アップに貢献したようです!

なんとPayPayスタンプカードを発行してから、PayPayで支払うお客様の来店頻度は約1ヶ月から約2〜3週間間隔と、大幅に短くなっていました。

※2 初回スタンプ押印(n)後、次の決済(n+1)その次の決済(n+2)の間隔と、スタンプ押印より一つ前の決済(n-1)とその一つ前の決済(n-2)の間隔を比較

このように、魔法のパンケーキ 木津川店 さんでは、オペレーション面だけでなく、直接のお店の利益という意味でも、PayPayスタンプカードを役立てていただけました。

PayPayスタンプカードのような新しいサービスがはじまった時には、弊社の担当とご相談いただき、綿密に打ち合わせすることで、無理なくスムーズに利用を開始いただいています。

PayPayスタンプカードをはじめてみたいけれど、どう設定すればいいかわからない・・そんな時は、弊社営業担当までご相談ください。

PayPayスタンプカードをうまく活用して、お店のファンを増やしてみませんか。
今回の魔法のパンケーキ 木津川店さんの例を参考に、実際にスタンプカードを作成してみましょう!

PayPay for Businessにログインしてください

PayPay for Businessにログイン

スタンプカードの作成手順はこちら

この記事はいかがでしたか?

送信しました。回答ありがとうございました。

  • 「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

TOP