1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. キャッシュレス記事一覧
  4. 整体にキャッシュレス決済を導入すべきメリットと注意点を解説!

整体にキャッシュレス決済を導入すべきメリットと注意点を解説!

整体にキャッシュレス決済を導入すべきメリットと注意点を解説!

この記事はこんな方におすすめ

  • 整体院の経営者の方
  • 整体院にキャッシュレス決済を導入すべきか悩んでいる方

この記事によって分かること

  • 整体院に必要なキャッシュレス決済の種類
  • 整体院でのキャッシュレス決済の活用方法
  • 整体院でキャッシュレス決済を導入する際の注意点とおすすめの決済サービス

高齢の方が通院しているイメージのある整体。「ほとんどの方が支払いを現金でしているのでキャッシュレス決済とは無縁だ」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、今や整体にキャッシュレスを導入することによって、新たな顧客獲得につながる可能性があり、患者にとってもメリットがあります。
整体にキャッシュレス決済を導入するメリットや注意点について詳しく解説していきます。

整体に導入すべきキャッシュレス決済3選

整体に導入すべきキャッシュレス決済として、優先度順に以下のものが挙げられます。

  1. QRコード決済
  2. 電子マネー
  3. クレジットカード

まずは、これらのキャッシュレス決済がどのように整体で活用できるのか紹介していきます。

QRコード決済

整体にはQRコード決済を導入しておくと便利です。 整体は1回の施術ごと単発で料金を支払うのが一般的です。
この際にスマホ1つで決済できるQRコードで支払うことができれば顧客は便利ですし、整体院側も売上の管理が容易になります。
何よりも「スマホ1つで気軽に来院できる」というのは、整体にとって「気軽さ」という1つの付加価値になるでしょう。
さらに、QRコード決済の場合、他のキャッシュレス決済に比べ、専用端末がなくても導入できるという経営者にとっても手軽に導入しやすいという特徴があります。

電子マネー

整体院でも電子マネーに対応したお店も近年増えてきました。 SuicaやPASMOなどにチャージしたお金で費用を支払いたいという需要は決して少なくありません。
また、最近では高齢者の方であっても、現金は持たずに電子マネーだけを持ち歩いているという人も少なくないので、電子マネーにも対応しておいた方が顧客満足度を向上させることになるでしょう。

クレジットカード

整体は「10回で数万円」などの回数券やチケットを販売しているケースもあります。 金額が少々高いので、このような高額な出費には「クレジットカードで支払いたい」というニーズも存在します。
チケット販売している整体の場合には、クレジットカードによる決済にも対応させておいた方が無難です。

整体にキャッシュレス決済を導入するメリット

整体にキャッシュレス決済を導入するメリットは「便利だから」というだけではありません。
キャッシュレス決済を導入することによって次のようなメリットをあげることができます。

若年層の顧客も狙える、お釣りの用意が必要ない、患者が財布を持つ必要がない、整体の治療でユーザー側のポイントが貯まる、院内での防犯に寄与する

整体にキャッシュレス決済を導入する5つのメリットについて詳しく解説していきます。

若年層の顧客も狙える

整体というとどちらかと言えば高齢者向けのイメージがあります。 しかしキャッシュレス決済に対応させておくことによって、若年層もスマホ1つで気軽に来院できるようになります。
キャッシュレス決済導入によって、これまでは開拓することができなかった若年層も狙うことができるようになるかもしれません。

お釣りの用意が必要ない

キャッシュレス決済を導入し、多くの患者がキャッシュレスで決済すればお釣りを用意する必要がありません。
小売業や飲食店でもないのに、お釣りを用意することは実はかなりの手間になります。 常に現金を確認し、場合によってはお札を崩すために近くのコンビニで必要もないものを購入するなどということも珍しくありません。
銀行での両替にも手数料がかかります。 キャッシュレス決済導入によって、お釣りの用意という業務から解放されるので、施術などに集中できるようになるでしょう。

患者が財布を持ってくる必要がない

キャッシュレス決済に対応させておけば患者が財布を持って来店する必要がなくなります。
スマホ1つでかなり気軽に来店することができるので、これまで以上に患者が高い頻度で来院するようになるかもしれません。

整体の治療でユーザーにポイント付与や○%の残高還元がある

キャッシュレス決済を利用するメリットの1つがポイントです。 整体にキャッシュレス決済を導入すれば、キャッシュレス決済の導入によってポイントや還元残高が貯まることになります。
一般的に「整体での支払いでポイントや還元残高が貯まる」などとは考えられていないので、これは新たな顧客を呼び込むための大きなインセンティブです。 同じ支払いであればポイント還元があった方が患者にとってメリットがあります。
顧客満足度を上げるためにもキャッシュレス決済は導入しておいた方が無難です。

院内での防犯に寄与する

整体や病院などで、「治療中に財布が盗まれた。現金が抜かれている」などという話は決して珍しい話ではありません。
多くの整体院で患者の貴重品の管理には苦慮されているのではないでしょうか? キャッシュレス決済を導入すれば、患者が財布を持って来院する必要がないので、院内での防犯は強化されます。
整体院としても、貴重品の管理に配慮する必要がないので、本業に集中できるようになります。

整体にキャッシュレスを導入する注意点

整体にキャッシュレス決済を導入することによって数多くのメリットがあることは間違いありません。
しかし、高齢の患者さんが利用できないリスクや、売上が即入金にならないことによる資金ギャップについてはしっかりと把握しておく必要があります。
整体にキャッシュレス決済を導入するリスクやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

高齢者が利用できない可能性

キャッシュレス決済は高齢者への普及がそれほど進んでいません。 一般社団法人キャッシュレス推進協議会の調査によると、2020年5月時点で「キャッシュレス決済を利用していない」と回答した人は60代で9.1%、70代で15.1%です。
同時期の調査で50代が7.4%ですので、高齢になればなるほどキャッシュレス決済が普及していないことが分かります。

参考:一般社団法人キャッシュレス推進協議会|キャッシュレス調査の結果について

患者の多くが高齢者の整体院では、キャッシュレス決済を導入しても、現金から完全に切り替えることは難しいでしょう。

資金ギャップが生じる

キャッシュレス決済を導入すると、売上が即現金になるわけではありません。 売上があってから決済事業者から整体院の口座へ入金になるので一定期間の時間が空いてしまいます。
どの程度の時間で入金になるのかは決済事業者によって異なるものの、長い業者は1ヶ月程度の時間が必要です。

現金で売り上げる場合には、売上即現金ですので、すぐに支払いに回すことができますが、キャッシュレス決済であればすぐに現金にはならないので、入金になるまでは資金ギャップが生じて資金繰りは苦しくなります。

キャッシュレス決済ならPayPayがおすすめ

整体に導入するキャッシュレスはPayPayがおすすめです。 PayPayは最短翌日に入金されるので、資金ギャップはほとんど生じません。
また、PayPayは自治体と組んでポイントキャンペーンを行っていることが多いので、高齢の方でも導入している可能性の高いキャッシュレス決済です。
PayPayであれば整体に導入することによるキャッシュレス決済の問題点の多くを解決することができるので、導入をご検討ください。

まとめ

整体にもキャッシュレス決済の導入は必要で、キャッシュレス決済導入によって以下のメリットを得ることができます。

若年層の顧客も狙える、お釣りの用意が必要ない、患者が財布を持つ必要がない、整体の治療でユーザー側のポイントが貯まる、院内での防犯に寄与する

キャッシュレス決済導入によって、高齢者が対応できない可能性や資金ギャップの問題が生じますが、まずはPayPayを導入するなど、これらの問題を最小限に抑える方法はあります。 整体院へのキャッシュレス決済導入をぜひご検討くださいませ。

関連記事

\ 1分で仮登録完了!/

お問い合わせ

お電話でのお申込み・ご相談をサポートセンターにて対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

  • 導入を検討している店舗様
    0120-957-640

    営業時間:10:00-19:00

    年中無休(メンテナンス日除く)

  • 審査中の店舗様
    0120-990-643

    営業時間:09:30-17:30

    平日のみ(土日祝日、メンテナンス日除く)

  • すでに導入済みの店舗様
    0120-990-640

    営業時間:24時間受付

    年中無休(メンテナンス日除く)

お問い合わせフォームはこちら

注意事項
  • ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。
  • ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ・決済システム利用料は、2021年10月1日以降有料となります。(2021年9月30日まで無料)なお、2020年4月1日以降新たに加盟店になった年商10億円以上の法人の場合は有料です。詳細はこちらまでお問い合わせください。
  • ・PayPay決済が発生しない場合、上記のPayPay決済システム利用料は発生しません。
  • ・具体的な利用料率について、2021年3月末にお知らせする予定でしたが、現在のコロナ禍の状況および経済情勢等を鑑み、お知らせする予定日を2021年8月31日に変更いたします。
  • ・入金手数料はPayPay銀行の場合のみ無料です。その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、入金金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。
  • ・ジャパンネット銀行は、PayPay加盟店様にとってさらに身近で便利な銀行を目指して、2021年4月5日に「PayPay銀行」へ社名を変更しました。
  • ・2020年10月1日よりアリペイ・アリペイコネクトサービスにおける決済システム利用料は取引金額の1.98%(税別)となり、取引金額から自動で差し引かれます。
TOP

資料ダウンロード

PayPayの最新版資料が
無料でダウンロードできます

資料ダウンロード

電話で相談・申込み受付中

電話一本で申込み可能です!

0120-957-640

  • 営業時間:10:00-19:00
  • 年中無休(メンテナンス日除く)