1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. キャッシュレス記事一覧
  4. キャッシュレス決済の種類がすべてわかる!話題のスマホ決済まで

キャッシュレス決済の種類がすべてわかる!話題のスマホ決済まで

スマホと人

クレジットカードや電子マネー、そしていま話題のスマホ決済など、買い物をする際には現金以外にもさまざまな決済方法があります。これらのようなキャッシュレス決済サービスにはいくつかの種類があり、それぞれに強みがあります。

現金での支払いでないと使いすぎてしまうのではないかと心配する人も多いですが、スマホ決済であればアプリ上で利用明細をすぐに確認でき管理がしやすいものがほとんどです。
そこで今回は、キャッシュレス決済サービスにはどのような種類があるのか、スマホ決済事業者の概要も併せて紹介していきます。

キャッシュレス決済サービスの種類

まずはキャッシュレス決済サービスにはどのような種類のものがあるのか、代表的なものをいくつか紹介していきましょう。

クレジットカードとデビットカード

クレジットカード

クレジットカードは後払い方式(ポストペイド)のキャッシュレス決済サービスです。クレジットカードブランドの種類は大きく分けてVISA、アメリカン・エキスプレス、MasterCard、JCBなどがあり、これらの国際ブランドであれば国外でも利用できるため、海外出張や海外旅行時にも重宝します。

クレジットカードの加盟店に登録していないと利用できないことはもちろん、店舗によっては特定種類のクレジットカードが利用できないケースも少なくありません。
また、店頭でクレジットカードを利用したときにはクレジット会社と通信を行い承認を得る必要もあるため、専用のネットワーク回線やカードリーダーなどを用意する必要もあります。

一方でデビットカードは即時払いができるカードです。デビットカードは銀行口座の残高から決済と同時に即時引き落としされる種類のもので、いわば決済に利用できるキャッシュカードのようなものといえるでしょう。

後払い方式のクレジットカードのように使いすぎる心配も少なく、現金派の人であっても安心して利用できます。クレジットカードを発行するためには事前の審査が必要となり、収入やクレジットカードの利用履歴なども考慮されます。

電子マネー

交通系電子マネー

電子マネーや各種プリペイドカードなど多岐にわたるのが前払い方式によるキャッシュレス決済サービスです。

事前にカードもしくはアプリ内に残高をチャージして利用するため、即時払い方式のキャッシュレス決済サービスよりもさらに使いすぎのリスクが低い種類です。クレジットカードのように利用開始の際に審査は不要であり、誰でも手軽に始めることができます。

Suicaなどの交通系電子マネーはもちろん、nanacoやWAONなど小売大手が独自に発行する電子マネー機能付きのキャッシュレス決済サービスの種類もあります。電子マネーにはオートチャージ機能を追加できるものもあり、この場合チャージ残高がゼロになっても利用できるため、使いすぎには注意が必要です。

QRコード決済

QRコード画面

ここ数年の間に急速に人気を集めているのがQRコード決済です。店舗側で用意したQRコードをユーザーのスマホアプリで読み取り決済を行う種類と、ユーザーのスマホアプリに表示されたQRコードまたはバーコードを店舗のリーダーで読み取る2つの種類があります。

QRコード決済の多くは事前にチャージして利用するプリペイド方式を採用しており、クレジットカードのように利用開始までの審査が不要な場合がほとんどです。

ただし、スマホ決済のなかには一部クレジットカードと連携して利用するものや、オートチャージに対応しているものもあります。つい使いすぎてしまう危険性もあるため、スマホ決済を導入する前には決済方法をあらかじめ確認しておく必要があります。

最近では通信事業者やITベンチャー、小売大手などもQRコード決済に参入してきており、幅広い選択肢の中からニーズにマッチしたキャッシュレス決済サービスを選ぶことができます。

スマホを使ったキャッシュレス決済サービスの種類

いま話題のスマホ決済について、いくつか代表的な種類を紹介します。基本的にはほとんどのキャッシュレス決済が前払い方式ですが、なかにはクレジットカードと連携していたり、オートチャージに対応している種類もあります。また、各社独自のキャンペーンも実施しているため、それぞれのキャッシュレス決済サービスを比較検討してみましょう。

キャッシュレス決済サービスを比較する

スマホ決済は今すぐにでも利用できるキャッシュレス決済サービス

スマホとファミリー

これまでスマホ決済を利用したことのない人にとっては、なんとなく難しい、面倒といったイメージを抱いてしまうものです。

しかし、実際に利用してみないとその価値は分かりづらいのも確か。じつはクレジットカードや電子マネーに比べて、スマホ決済はもっとも手軽に利用できるキャッシュレス決済でもあります。

複数の種類を使い分けることも可能

スマホ決済はクレジットカードと違い審査の必要もなく、登録後すぐに利用することができます。

銀行口座をスマホアプリに登録し、事前にチャージするだけで利用できることから電子マネーのように店頭窓口でカードを発行してもらう手間もかかりません。

初回登録時に残高が付与されるキャンペーンを展開しているPayPayであれば、実際にチャージする前にお試しで使ってみることもできます。キャンペーンやポイント・残高還元などの内容はスマホ決済事業者によっても異なり、利用する店舗で還元率も変わってきます。

そのため、ポイントカードの種類を使い分けるのと同じように、スマホ決済も利用店舗によって使い分けることでよりお得にキャッシュレス決済を楽しめるようになるはずです。

使ってみて初めて体感できる利便性

現金を使わないという意味では、現時点でもクレジットカードや電子マネーを普段から利用し、キャッシュレス決済が身近にある人も多いと思います。

しかし、従来のキャッシュレス決済とスマホ決済が根本的に異なるのは、クレジットカードよりもはるかに高い還元率・割引率と、残高や利用明細を都度スマホ上で確認できるという点にあります。

スマートフォンが世の中に出てきてから一気に人々のライフスタイルを変革したように、スマホ決済も今後多くの人にとってなくてはならない決済の種類へと進化していくはずです。

多様化するキャッシュレス決済の種類

コーヒーとスマホ

スマホ決済が登場し、これまでクレジットカードや電子マネーの導入が難しかった小規模店舗であってもキャッシュレス化が簡単になりました。初期導入時にかかるコストが最小限に抑えられ、複雑な操作も必要ないため店舗にとってもメリットがあります。

小売大手は自社のポイントカードと連携したスマホ決済を開発していたりと、今後ますますキャッシュレス決済の種類は多様化していきます。あまりにも多くの種類があって迷ってしまう人も多いと思いますが、まずは気になったものがあれば使ってみたうえで判断してみるのがおすすめです。

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

電話での申し込み
お問い合わせ

お電話でのご相談を土日祝日もサポートセンターにて対応しています。お気軽にお問い合わせください。

導入を検討している店舗様

0120-957-640

10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

申し込み、導入のご相談 0120-957-640

【受付時間】 10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

導入済み または 審査中の店舗様

0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応

導入済み または 審査中の店舗様 0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応