1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. 店舗
  4. 飲食店の人手不足は何が原因?4つの理由と解決方法【事例あり】

飲食店の人手不足は何が原因?4つの理由と解決方法【事例あり】

アイキャッチ

この記事はこんな方におすすめ

  • 経営している飲食店で、従業員が定着せずに悩んでいる方
  • 求人の募集を出してもなかなか応募が集まらない方
  • どうすればお店の人手不足を解消できるか知りたい方

この記事によって分かること

  • 約8割の飲食店が人手不足に悩んでいる
  • ITツールの導入で従業員の業務を効率化し、負担を減らせる
  • 人手不足を解消するには、従業員が働きやすい環境を整えることが重要

飲食店を経営していて、採用した従業員がすぐに辞めてしまったりそもそも求人に応募がなかったりと、お店の人手不足に悩んでいませんか。

実は約8割の飲食店は人手不足となっていて、人手不足に悩んでいるのはあなたのお店だけではありません。

この記事では、飲食店が人手不足に陥る4つの理由と、その解消方法について事例をもとに解説します。

飲食店の人手不足の実態

飲食店

最初に、飲食店の人手不足の実態をお伝えします。

約8割の飲食店で人手不足

国内最大手の信用調査機関である帝国データバンクの調査結果によると、多くの飲食店が人手不足で頭を抱えていることがわかります。

このデータによると、飲食店スタッフの大部分を占めるアルバイトといった非正社員について、「不足している」と回答した企業は実に84.1%です。

(参考:帝国データバンク | 人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)

全業種の平均が34.4%という割合であることからも、飲食業界は圧倒的に人手不足であるといえます。正社員の従業員も、アルバイトやパート同様に人手が足りておらず、「正社員が不足している」と回答した企業は全体の6割を超えていました。

この割合は、全業種の平均が53.0%なので、非正社員の不足状況と比べると深刻ではないようです。ただし近い将来、非正社員と同じくらい深刻になる可能性が高いといえます。

なぜなら少子高齢化が進んでおり、日本国内全体で労働力人口の減少が予測されるからです。

人手不足を理由に閉店することも

お店で働く従業員が足りず、閉店を余儀なくされるお店も出ています。

人手不足のしわ寄せは現場の従業員にいき、仕事量の増加やサービスの低下を招きます。そうなれば従業員もお客様も離れていき、お店を運営し続けることはできません。

求人広告を出すにしてもお金がかかります。それで採用できなければ、お金が無駄になってしまうことも。

人手不足から、料理の味やサービスの低下につながって売上が下がるというように、人手不足が閉店や倒産の背景にある飲食店は少なくないと考えています。

サービスが行き届かずクレームが発生しやすくなる

人手不足の状態では、お客様からの注文をすぐに取りにいけなかったり、注文を受けた料理を提供するまでに時間がかかったりします。また、テーブルの片付けが間に合わず、席が空いていてもお客様を案内できないなどの問題も生じるでしょう。

仮に新しく人を雇えたとしても、お店の従業員全員が忙しいと十分な教育ができず、やはりサービスの質を上げることが難しい状況が続きそうです。

その結果、お客様からのクレームにつながり、悪い評判が広がって客足が遠のいてしまうことが考えられます。

さらに従業員が辞めてしまうことも

人手不足の状態では、一人あたりの業務量が過剰になりがちです。また従業員は一生懸命に働いているのに、手が回りきらなければ、お客様からクレームを受けます。それは体力的にも精神的にも辛いものです。

そのため人手不足のところ、さらに従業員が辞めてしまうという悪循環に陥ってしまうお店もあるようです。

人手不足に陥る4つの理由

人手不足

ではなぜ、飲食店が人手不足に陥ってしまいがちなのでしょうか?
その理由として、おもに以下の4つが挙げられます。

  1. シフトが不規則になりがちである
  2. 過剰なサービスに対するストレス
  3. 長期就労を前提としていない雇用形態
  4. 採用難

1つずつ解説していきます。

シフトが不規則になりがちである

飲食店ではシフト制勤務のところが多く、またお店の混雑具合も予測できないため、不規則なシフトになりがちです。

とくに人手不足のお店だと、当初のシフトよりも長い時間働くことになってしまったり、閉店時間でもお客様が残っているから帰れなかったりと、問題が発生することがあります。

また他の従業員との兼ね合いで、シフトが希望通りにならないことも。

規則正しく働きたい、また、シフトの急な変更に追われることを理由に、従業員が辞めてしまうケースもあるようです。

過剰なサービスに対するストレス

「お客様は神様」という言葉に代表されるように、日本ではとくにお客様が神様であるという考え方が根強くあります。お客様の満足度を上げるため、またクレームを避けるために、過剰なサービス提供を余儀なくされるケースがあるようです。

飲食店でも過剰なサービスを求められるあまり、従業員が疲弊してしまっているといった話を耳にすることがあります。

長期就労を前提としていない雇用形態

飲食店の従業員の雇用形態は、その大半がアルバイトやパートといった非正社員で占められているケースも。そもそも長期間の就労を前提としていない雇用形態なので、短い期間でお店を去っていく人も多くいます。

またアルバイトやパートであっても、正社員と同じような働き方を求められ、給与や待遇の不公平感から離職する人もいるようです。

採用難

飲食店がこのような人手不足に陥っている大きな原因は、求人を出してもなかなか人が集まらない状態が続いているからです。

それに加えて、最近は転職市場が活発化していて、多くの業界や業種が採用を増やしているため、人材がそれらの業界に流れてしまっているともいえます。

飲食店の人手不足解消方法【事例つき】

解決策

飲食店の人手不足の実態や、その理由について解説しました。

人手不足の状況が発生しているにも関わらず放っておくと、最悪の場合、閉店や倒産に追い込まれてしまうケースもあります。

そういったことを防ぐために、飲食店の人手不足を解消する方法を事例つきでお伝えします。

福利厚生の充実

福利厚生を充実させることにより、従業員の採用や長期的な就労につながることが考えられます。例えば、飲食店では珍しい退職金制度の整備や、住宅手当の支給などが効果的でしょう。

実際に福利厚生を充実させた飲食系企業として、名高いのは「はなまるうどん」です。従業員が働きやすいように、夏休み、冬休みとして7連休を取る制度が整えられています。

そのほか義務教育終了までお子さま1人つきに1万円支給される子女手当や、単身赴任の場合に支給される帰省手当など、各種手当てが充実しています。

超短期でアルバイトを募集

慢性的に人が足りていないというより、従業員の急な欠勤に対応できなかったり、忙しい一定の時間帯だけが問題だったりしませんか?

そんなときは、超短期でアルバイトを募集する方法もあります。
通常の求人広告は飲食店で「1日だけ働いてほしい」というような条件での募集は難しいです。ですが、超短期のアルバイト募集に特化したサービスを利用することで実現できます。

例えば、「スキマワークス」では、必要なときだけ、スポットで人員が補充できるマッチングサービスを提供しています。

登録しているワーカーの約8割が飲食店や小売店などの販売、接客経験者なので、安心して仕事を任せられる点もポイントです。

営業時間を短縮し、忙しい時間帯に人員を集中させる

人材不足の飲食店で、従業員一人あたりの労働量を調整する方法として、思い切って営業時間を短縮することが挙げられます。お客様の数が少ない時間帯は思い切って閉店し、忙しい時間帯に従業員を集中させるといった戦略をとっているお店もあるようです。

そうすることで従業員一人あたりの負荷が下がり、サービスの向上につながり、従業員とお客様双方の満足度が高まります。

その結果として、従業員の生活の質が高まれば、人材流出を防ぐことにつながるでしょう。

労働効率を上げる

労働効率を上げるという方法もあります。例えば、ホールスタッフがお客様を案内し注文を取ったり、配膳したりといった業務を効率的に行えるように机を配置し、動線を考え直すことも一つの手法です。

また、予約をWebサービスから入力できるようにすることで、ホールスタッフが電話対応に取られる時間を減らせます。さらに、営業時間外に行われる事務処理やシフト管理もITシステムを導入することで効率化できるでしょう。

このように 現在の業務のやり方や使うツールを見直すことで、労働効率を上げられるかもしれません。

キャッシュレス決済の活用

労働効率を上げるという方法では、キャッシュレス決済の活用がおすすめです。

キャッシュレス決済を使うことで、会計効率が上がり、そのぶんの時間と人手を調理やサービスにまわすことができます。導入も簡単で、直感的に使えるため、従業員も使い方をすぐに覚えられますし、現金での会計とは異なりお釣りが発生しないので、渡し間違いが起こりません。

またキャッシュレス決済を導入すると、売上がすべてデータとして残るのでレジ締め作業や経理作業が楽になります。帳簿をつけて管理する時間などが短縮できるのです。

とくにQRコード決済の利用率No.1(※1)のPayPayがおすすめです。その理由は、決済システム利用料(※2)・入金手数料(※3)が無料で、追加費用がかからず導入できるから。

2020年4月にはユーザー数が2,800万人、加盟店申込数も220万カ所を突破し、その後も続々と増えています。

※1:ICT総研調べ(2020年1月時点)
※2:2021年9月30日まで無料といたします。
※3:ジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。その他金融機関の場合は2020年6月30日まで無料です。2020年7月以降、入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円/回(税込)の手数料が発生します。

お支払いした金額に応じて消費者へのポイント還元があるため、お得に飲食をしたいと考えているお客様の集客にもつながります。

PayPayはQRコード決済利用率No.1なので、最初のキャッシュレス決済対応として、導入をぜひ考えてみてください!

無料でお店に導入する

まとめ

飲食店

約8割の飲食店で人手不足を実感しており、なかには閉店に追い込まれる店があるほど深刻な状態です。

多くの飲食店が人手不足に陥っている理由を分析すると大きく4つありました。

  • シフトが不規則になりがちである
  • 過剰なサービスに対するストレス
  • 長期就労を前提としていない雇用形態
  • 採用難

これらすべてをまとめて解決することは難しいですが、1つずつ解決していくことが大切です。記事の中で紹介した事例を参考に、ぜひあなたのお店での人手不足の解消にご活用ください。

・「QRコード」は株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

\ 1分で仮登録完了!/

お問い合わせ

お電話でのお申込み・ご相談をサポートセンターにて対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

  • 導入を検討している店舗様
    0120-957-640

    営業時間:10:00-19:00

    年中無休(メンテナンス日除く)

  • 審査中の店舗様
    0120-990-643

    営業時間:09:30-17:30

    平日のみ(土日祝日、メンテナンス日除く)

  • すでに導入済みの店舗様
    0120-990-640

    営業時間:24時間受付

    年中無休(メンテナンス日除く)

お問い合わせフォームはこちら

注意事項
  • ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。
  • ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。詳細はこちらまでお問い合わせください。
  • ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。その他の場合は2020年6月30日まで無料、2020年7月以降は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。
  • ・PayPayとの関係での消費者還元(2%、5%)対象店舗にてPayPayピックアップをご利用の場合、消費者還元(2%、5%)が適用にならない場合があります。お客様へ誤案内の無いようご注意ください。