1. PayPay TOP
  2. PayPay ヘルプ
  3. アカウント
  4. 本人確認(eKYC)ができない

本人確認(eKYC)ができない

本人確認ができない場合は、以下をご確認ください。


本人確認ができないケース

以下に該当する場合は、本人確認ができません。

  • 外国の政府等において重要な地位の方やそのご家族に該当する場合
  • 別のアカウントですでに本人確認済みの場合

「公的個人認証サービスを利用した本人確認」をする場合の注意点


署名用電子証明書暗証番号について

署名用電子証明書暗証番号は、マイナンバーカードを市区町村の窓口で受け取る際に設定した、6~16桁の英数字です。

※マイナンバー(個人番号)とは異なります。

マイナンバーカードのスキャン(読み取り)について

マイナンバーカードをスキャン(読み取り)する際は、以下の点にご注意ください。

【主な注意点】

・マイナンバーカードの読み取り時は、マイナンバーカードのうえにスマートフォンを置いて読み取ってください

・スマートフォンやマイナンバーカードをケースに入れている場合は、ケースから出してください

・充電やイヤホン等のケーブルは、はずしてください

・読み取りが完了するまで、しばらく動かさずにお待ちください

・カードを読み取る位置がずれていないか確認してください

【その他の注意点】

・スマートフォンのバッテリー残量が少ない場合は、十分に充電してお試しください

・機内モードを設定している場合は解除してください

・周囲に金属物がある場合、読み取れないことがあります。金属物から離してお試しください

「電子署名の検証に失敗しました」と表示された場合

マイナンバーカードに記録されている電子証明書の有効期限が切れている可能性があります。

有効期限が切れている場合は手続きできないため、住民票がある市区町村の窓口にて更新手続きを行っていただくか、別の方法で申請をお試しください。

「読み取られた住所情報では認証ができません」と表示された場合

読み取ったマイナンバーカードの情報では手続きできないため、別の方法で申請をお試しください。

「運転免許証のICチップ読み取りによる本人確認」をする場合の注意点

運転免許証の暗証番号について

運転免許証のICチップ読み取りによる本人確認を行うには、運転免許証発行時に数字4桁で登録した2つの暗証番号(暗証番号1、暗証番号2)が必要です。

運転免許証のスキャン(読み取り)について

運転免許証をスキャン(読み取り)する際は、以下の点にご注意ください。

【主な注意点】

・読み取り時は、運転免許証のうえにスマートフォンを置いて読み取ってください

・スマートフォンや運転免許証をケースに入れている場合は、ケースから出してください

・充電やイヤホン等のケーブルは、はずしてください

・読み取りが完了するまで、しばらく動かさずにお待ちください

・カードを読み取る位置がずれていないか確認してください

【その他の注意点】

・スマートフォンのバッテリー残量が少ない場合は、十分に充電してお試しください

・機内モードを設定している場合は解除してください

・周囲に金属物がある場合、読み取れないことがあります。金属物から離してお試しください

顔写真の撮影について

本人確認書類の撮影時は以下にご注意ください。

・明るい場所で撮影してください
・濃い影や光の反射が入らないようにしてください
・指定された枠内に顔全体が入るように撮影してください
なお、本人確認書類と顔写真が一致しない場合は、眼鏡の有無や髪型などを可能な限り本人確認書類の写真に近い見た目にして再度お試しください。

「書類撮影による本人確認」をする場合の注意点


個人情報の入力について

ご入力いただく情報は、利用する本人確認書類の情報と一致している必要があります。
情報に誤りがある場合、本人確認を行うことができません。
引っ越し等で本人確認書類の住所変更をしていない場合は、住所変更後にお申し込みください。

また、氏名や住所情報はご利用いただく「ハイフン表記(例:1-2-3)」であるか「〇丁目表記(例:1丁目2番地3)」であるかを含めて、利用された本人確認書類と同じ表記で入力をしてください。

本人確認書類の撮影について

本人確認書類の撮影時は以下にご注意ください。

【主な注意点】

・明るく平らな場所に本人確認書類をおいて撮影してください

・本人確認書類以外の人やものが映り込まないようにしてください

・濃い影や光の反射が入らないようにしてください

・画像のピントを合わせ、文字や公印が読める画像を撮影してください

・運転免許証に機微情報が表示されている場合は、当該箇所のマスキング(付箋などで隠す)をして撮影してください

マスキング箇所:免許の条件等欄の機微情報

【その他の注意点】

・白い背景など境界がわかりづらいものの上に置かないようにしてください
・指定された枠内に本人確認書類の四隅が写るようにしてください
・本人確認書類は「表面」「厚み(斜め)」「裏面」を正しく撮影してください

顔写真の撮影について

本人確認書類の撮影時は以下にご注意ください。

・明るい場所で撮影してください
・濃い影や光の反射が入らないようにしてください
・指定された枠内に顔全体が入るように撮影してください
なお、本人確認書類と顔写真が一致しない場合は、眼鏡の有無や髪型などを可能な限り本人確認書類の写真に近い見た目にして再度お試しください。

参考になりましたか?

送信しました。回答ありがとうございました。

解決しなかった場合は

フォームでお問い合わせ

閉じる

いますぐPayPayアプリをダウンロード >>