1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. キャッシュレス記事一覧
  4. キャッシュレス決済の還元率を上げるコツ!お得なキャンペーンもご紹介

キャッシュレス決済の還元率を上げるコツ!お得なキャンペーンもご紹介

ポイント表示

2019年10月の消費税増税に併せて、国が実施予定の「キャッシュレス・消費者還元事業」。これは、キャッシュレス決済をした消費者に、最大5%のポイントが還元される国の事業です。

ひとくちにキャッシュレス決済といっても、キャッシュレス決済サービスを提供する事業者ごとに還元率が異なることをご存知ですか?

消費者にとって高い還元率のサービスを選ぶことは、キャッシュレス決済を利用するうえで大切ですよね。お得なキャンペーンをうまく使い、還元率の高いサービスを選び、お買い物を楽しみましょう。

記事の最後では、事業者に向けた、キャッシュレス決済導入方法もご紹介しています。まだキャッシュレス決済を取り入れていない事業者の方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


いますぐPayPayアプリをダウンロード


PayPay加盟店に申込む(無料)

キャッシュレス決済の還元とは?

キャッシュレス決済の「還元」とは、キャッシュレス決済を行ったときに支払った金額の何%かが消費者に戻ってくる仕組みのこと。

クレジットカードやデビットカードの広告で「ポイント何%!」という言葉をよく目にしますよね。最近ではスマホを使ったQRコード決済にまつわるポイント還元のCMも見たことがあるかもしれません。

還元率が高ければ高いほど、消費者にとってお得なキャッシュレス決済サービスだといえます。

キャッシュレス決済の還元キャンペーン事例

キャンペーン

現在、キャッシュレス決済に関するさまざまなキャンペーンが、次々と実行されています。便利でお得なキャッシュレス決済の利用者を増やすために、政府や事業者が数々の特典を用意しています!

具体的には、どれがどのくらいお得なのでしょうか?

お得な還元その1:スマホ決済事業者の還元キャンペーン

スマホ決済とはスマホを使用した決済代金を支払う決済手段のことです。バーコードやQRコードをスマホで読み取る決済や、携帯電話料金と合算でお支払いできるキャリア決済、Apple PayやGoogle Payなど「非接触型IC決済」と呼ばれるものなどさまざまな種類があります。

バーコードやQRコードを利用した支払い手段として代表的なサービスは、国内では「PayPay」「LINE Pay」「Origami Pay」「楽天ペイ」などがあります。

「アプリ決済」と聞いて思い浮かぶのは、キャッシュレス決済ポイント還元キャンペーンの皮切りとなった、PayPayの「100億円キャンペーン」ではないでしょうか。

  • 第一弾のキャンペーンは、対象店舗でPayPayを使えば、最大全額還元(付与上限10万円まで)※期間:2018年12月4日〜2019年3月31日まで、ただし反響が大きく2018年12月13日に終了
  • 第二弾のキャンペーンは、対象店舗でPayPayを使えば、最大20%還元(付与上限1000円まで)※期間:2019年2月12日〜5月13日まで

第一弾、第二弾ともに大好評のキャンペーンとなり、予定していたより前に終了となりました。第一弾は、わずか10日で終了。インターネット上や学校・職場でもかなり話題になったのが記憶に新しいでしょう。


いますぐPayPayアプリをダウンロード


お得な還元その2:消費税率引き上げにあたってのポイント還元

国が推進しているポイント還元制度「キャッシュレス・消費者還元事業」をご存知ですか?
一部のキャッシュレス決済を利用した消費者がポイント還元の優遇措置が受けられるようになる制度です。

詳しい還元内容はこちらの記事に書かれています。

キャッシュレス決済のポイント還元事業とは?消費者と店舗それぞれのメリットを解説

実施期間は、2019年10月から2020年6月まで。9カ月の期間限定なので、上手に使ってお得にポイントを受け取りましょう。

キャッシュレス決済の還元率を上げるコツ

スマホで買い物

キャッシュレスサービスをお得に使うためには、還元率の高いサービスを利用するのが重要。還元率を上げるには、いくつかのコツがあります。ここからは、3つのコツをご紹介していきますね。

大規模なキャンペーンに参加する

まず、キャッシュレス決済の還元率を上げるコツとして挙げられるのが、大規模なキャンペーンに参加すること。

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」のような大型キャンペーンが開催されています。

2019年6月からは、PayPayのキャンペーン「いつもどこかでワクワクペイペイ」がスタート。お得にお食事やお買い物が楽しめる加盟店、カテゴリー、地域などを毎月設定し、本キャンペーンを開催しています。

2019年6月のキャンペーンでは、全国のドラッグストアが対象となり、最大20%のポイント還元が行われました。ドラッグストアをよく利用する人は、お得にお買い物ができたのではないでしょうか。
最大還元率20%のポイント還元を受けるためには、「SoftBankのユーザー」「Y!mobileのユーザー」「Yahoo!プレミアム会員」いずれかの条件に当てはまる必要があります。
条件には、大手キャリアであるdocomoとauが含まれていません。もし、docomoやauユーザーの場合は、「Yahoo!プレミアム会員」(月額462円)に登録してみてはいかがでしょうか。

PayPayの「いつもどこかでワクワクペイペイ」のように、キャッシュレス決済事業者が実施しているキャンペーンは、最もお得となる条件が変化していきます。お得にポイント還元を受けるために、日頃からキャンペーンをチェックしておいてはいかがでしょうか?


いますぐPayPayアプリをダウンロード


アプリ決済の引き落としをクレジットカードにする

アプリ決済の引き落としをクレジットカードにするのも、キャッシュレス決済の還元率を上げるコツとして挙げられます。

アプリ決済の引き落としをクレジットカードにすると、アプリ決済のポイント還元とクレジットカードのポイント還元をダブルで受けられるのでおすすめです。

クレジットカードは、ポイント還元率が1%を越えると、還元率が高いカードだといえます。アプリ決済の高還元率キャンペーンと、還元率が高いクレジットカードを併せて利用するのが、お得な利用方法ですよ。

お得なキャッシュレス決済はどれ?賢い使い方とキャンペーン情報まとめ

ネットショッピングは、そのモールのカードを利用する

キャッシュレス決済の還元率を上げるコツとして、ネットショッピングをするとき、そのモールのカードを利用するのも欠かせません。

例えば、ヤフーカードの通常のポイント還元率は1%。しかし、Yahoo!ショッピングで買い物をするときにヤフーカードを使うと、ポイント還元率が3%になります。つまり、普通に買い物をしたときと比べて、3倍のポイント還元が受けられるのです。

このように、ネットショッピングをするときは、そのモールのグループ会社や関連会社のクレジットカードを使いましょう。通常のネットショッピングよりも、ポイント還元率がアップしますよ。

キャッシュレス・消費者還元事業の恩恵は、全員が受けられるの?

疑問

消費者側も店舗側もお得な「キャッシュレス・消費者還元事業」。はたして
全員が受けられるのでしょうか?

答えは「必ずしも全員が受けられる事業ではない」です。条件をクリアした人のみが恩恵を受けられるのです。それでは詳しく解説をしていきます。

事業の対象店舗以外での決済ではポイント還元が受けられない

お店を所有する事業者によっては、キャッシュレス・消費者還元事業の対象から外れてしまいます。現時点で対象外となっている事業者は、以下のとおり。

  • 地方公共団体・公共法人・学校
  • 金融機関・信用協同組合・仮想通貨交換業者・保険会社
  • 医療機関・介護サービス・社会福祉事業
  • 宗教法人など

上記の事業者や、補助を受けるにはふさわしくないと判断された事業者は、対象外になってしまいます。

お店の種類によって還元率が異なる

さらに、お店の種類によって還元率が異なります。

キャッシュレス・消費者還元事業での事業者側のメインターゲットは、中小・小規模事業者。中小・小規模事業者が街を活性化させていくことにより、日本経済全体を活性化させようとしているのです。

そのため、大手企業やフランチャイズチェーン店に割り当てられた還元率と、中小・小規模事業者に割り当てられた還元率を比べると、後者の方が優遇されているのです。

また、国からの補助内容の違いにより、消費者への還元率も、フランチャイズチェーンと中小・小規模事業者では変わってくるのです。以下の表に、消費者への還元率についてまとめました。

※ 2019年7月5日時点の情報

上記の表から読み取れるとおり、消費者は、中小・小規模事業者(小売店・サービス業者・飲食店など)でキャッシュレス決済を行ったほうが、還元率が高くなっています。

申請が行われていない事業者の場合、消費者はキャッシュレス決済を行っても、上記のポイント還元を受けられません。そのため、消費者はポイント還元を受けるために、申請が完了しているお店を選ぶでしょう。

つまり、事業者側はキャッシュレス決済を導入することで、申請を行っていない他社と差別化できるのです。事業者は、キャッシュレス・消費者還元事業の申請を実施しておく必要があります。制度開始間近は申込みが急増し、10月1日からの制度参加に間に合わない可能性があるため、早めに申請を行うことをおすすめします。

【店舗事業者向け】PayPayを経由した登録方法・スケジュールについて

店舗を所有する事業者のみなさまに向けて、キャッシュレス・消費者還元事業の申請方法を解説します。ここでは、PayPayのWebページから、加盟店申込みの手続きを行う方法についてご説明します。

PayPay加盟店に申込む(無料)

PayPay加盟店申込みに必要なもの

加盟店申込みの際に必要となるものは、下記をご参照ください。

【法人の場合】
法人番号

【個人事業主の場合】
本人確認書類の画像データ(jpg,gif,png形式)

※各種書類の画像データは、必ず原本を取り込んだものである必要があります。注意しましょう。

PayPay加盟店申込みの手順

以下のリンク先から必要事項を入力します。すると、登録メールアドレス宛てに申込み案内メールが届きます。

https://business.paypay.ne.jp/entry

申込み案内メール内にあるリンク先へジャンプすると、申込フォームが表示されます。先ほど説明した各種書類の画像データが必要となりますので、ここまでに準備しましょう。

申込完了後、PayPay側で審査を行い、約2営業日で審査結果がメールで届きます。審査に無事通過すると、PayPayコードキット(※)が到着します。

(※PayPayコードキット:店舗ごとのバーコードが印刷されたもの。消費者がバーコードを読み取って決済を行う)

キャッシュレス・消費者還元事業への申請手順とスケジュール

PayPayの加盟店申込みが完了し、無事PayPay決済を利用できる状態になったら、キャッシュレス・消費者還元事業申請に進みます。PayPay加盟店へ本事業参加手続き用URLをメールにてご案内いたします。

この手続きは、PayPayを経由して申込みを行うもので、6月24日から店舗の登録がスタートしております。7月以降順次、本事業への登録が完了した加盟店情報は本事業対応加盟店として、本事業ホームページにて公表される予定です。

キャッシュレス決済で、お得な還元を受けよう!

カフェとQRコード決済

キャッシュレス決済を使い、お得にポイント還元を受けるためのコツはいかがでしたか?

高い還元率のサービスを選ぶことは、キャッシュレス決済を利用する上で大切なポイントです。お得なキャンペーンをうまく使い、還元率を上げて、賢くお買い物をしましょう。

事業者に向けて、キャッシュレス・消費者還元事業の申請手順をご紹介しました。ぜひPayPayを使って、お得なキャッシュレス還元を受けてくださいね。

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

電話での申し込み
お問い合わせ

お電話でのご相談を土日祝日もサポートセンターにて対応しています。お気軽にお問い合わせください。

導入を検討している店舗様

0120-957-640

10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

申し込み、導入のご相談 0120-957-640

【受付時間】 10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

導入済み または 審査中の店舗様

0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応

導入済み または 審査中の店舗様 0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応