1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. 知識
  4. エステサロン開業に必要な3つの準備|開業に必要な資金や成功の秘訣を徹底解説

エステサロン開業に必要な3つの準備|開業に必要な資金や成功の秘訣を徹底解説

エステ開業に必要な3つの準備|開業に必要な資金や成功の秘訣を徹底解説

この記事はこんな方におすすめ

  • エステサロンの開業を検討している方
  • エステサロン開業に必要な資格や設備について知りたい方

この記事によって分かること

  • エステサロン開業に活用できる資格
  • エステサロン開業のために必要な準備と資金
  • エステサロンを軌道に乗せるためのポイント

エステサロンはすぐに開業できる!エステを開業するには資格はいらない

エステサロンは開業しようと思えばすぐにできる職業です。
なぜなら、医療系の店舗開業と異なり、エステサロン開業には資格が必要ないためです。
「エステティシャン」という資格はないので、極端に言えば、エステについて何も知識がない人が「エステサロン」として開業しても違法ではありません。
ただし、多くの顧客を獲得するためには、技術と知識と経験がある程度は必要になります。

それでも資格が欲しい人は『日本エステティック協会の資格制度』を取得できる

エステサロンを開業するためには特別な資格は必要ありません。
しかし、専門的な知識を身につけたり、エステティシャンとして客観的な信頼を確保するために『日本エステティック協会の資格制度』を取得している人は数多く存在します。 日本エステティック協会の会員になると、以下の資格を取得することができます。

資格 内容
AJESTHE認定エステティシャン 基本的な知識・技術をもち、担当範囲のエステティックサービスを適切に提供できる能力を有するエステティシャンに与えられる資格

取得要件(1)(2)の両方の要件に該当
(1)エステティシャンセンター試験に合格
(2)協会認定校での300時間以上コースまたは1000時間以上コースの修了、または実務経験1年以上
AJESTHE認定上級エステティシャン AJESTHE認定上級エステティシャンの上位資格で、専門的な知識・技術を有し、お客様ニーズに応えるエステティックサービスを提供することで店舗・サロンの利益やお客様満足を実現できる能力を有するエステティシャンに与えられる資格

取得要件(1)(2)いずれか
(1)協会認定校にて1000時間以上コースまたはCIDESCO国際認定校コースを修了し、筆記試験・技術試験(認定校試験)に合格
(2)AJESTHE認定エステティシャン資格取得後2年以上、または通算5年以上の実務経験を有し、筆記試験・技術確認試験に合格
AJESTHE認定トータルエステティックアドバイザー エステティックを総合的に深く理解し、お客様に求められる実践力とサロンでの指導力を有しているエスティシャンに与えられる資格

取得要件(1)~(4)の条件に該当
(1)AJESTHE認定上級エステティシャン資格もしくはCIDESCO資格の取得
(2)AJESTHE認定上級エステティシャン資格取得後2年以上または通算5年以上の実務経験
(3)資格取得講座の受講
(4)資格取得試験の合格
AJESTHE認定フェイシャルエステティシャン・AJESTHE認定ボディエステティシャン 衛生面、安全面を踏まえ、エステティックの基礎知識とフェイシャルケア・ボディケアの基礎を有しているエステティシャンに与えられる資格

取得要件試験に合格し、以下(1)~(3)のいずれかの要件に該当すること
(1)協会認定校または理・美容師養成施設で60時間以上のエステティック課程を修了
(2)800時間以上の実務経験者(週40時間換算で6ヶ月を目安とする)
(3)AJESTHE登録教室において所定の認定FEコース・認定BEコース(60時間以上)を修了

これらの資格がなくてもエステサロンを開業することは可能ですが、技術と信頼を獲得したいという人はこれらの資格取得を目指すとよいでしょう。

エステサロンの開業前に絶対に準備したい3つのこと

エステサロンを開業するために必ず必要な準備は3点です。

エステサロンを開業する物件を探す、エステサロン開業のための内装のリフォーム、衛生面の配慮・その他消耗品の準備
エステサロンを開業するために必ず必要な3つの準備について詳しく見ていきましょう。

開業する物件を探す

まずは開業する物件を探しましょう。 エステサロンに相応しい物件は立地と内装から慎重に検討しなければなりません。

エステサロンに相応しい立地は?

エステサロンに相応しい立地は地域によって異なるということ理解しておきましょう。
東京都心などの都市部であれば駅から歩いてすぐの物件である必要があります。
一方、車移動がメインの地方であれば、駐車場が広ければ郊外の物件でもOKです。

また、物件の立地以上に重要になるのが外観です。 美容を向上させるエステサロンの外観が悪ければ、それだけで顧客を獲得することは難しくなります。
少々郊外であってもとにかく外観が綺麗な建物を選ぶようにしましょう。
また、自宅で開業するのも1つの方法です。

居抜き物件かリフォーム工事をするか

また、居抜き物件を借りるか、エステサロンに合うようリフォームするかということも検討する必要があります。
居抜き物件とは、前の借主が使った内装がそのまま残っており、内装をそのまま使用できる物件です。
内装工事が必要ないので費用を安く抑えることができます。 「できる限り費用を安く抑えたい」と考えている場合には、居抜き物件を探しましょう。

「少々お金をかけても納得できるエステサロンにしたい」という場合には、立地と外観のみで最適な物件を探し、自分好みの内装工事を行いましょう。
費用はかかりますが、妥協なしのエステサロンを開業することができます。

エステサロン開業に必要な機材・設備を揃える

エステサロンの開業に費用な機材等の設備は以下の通りです。

・エステ用ベッド
・エステ用の機器
・ホットタオルキャビネット
・パソコン
・お客様用ローブ
・化粧品
・オイル
・インテリアグッズ
・スチーム
・冷蔵庫等の電化製品
・家具等

エステ用の機器はどんな施術をするかによって必要な機材は大きく異なります。 オイルマッサージなどであれば費用はかかりませんが、脱毛マシンなどは数百万円になります。

衛生面の配慮・その他消耗品の準備

その他、衛生面に配慮した備品や消耗品も必要です。

・アルコール
・体温計
・カルテ
・事務用品
・白衣
・飛沫防止のアクリル板
・マスク

エステサロンを開業するための5つの費用とは?

エステサロンを開業するためには決して少なくない費用がかかります。
物件によって異なるものの、自宅なら50万円~100万円、賃貸なら100万円~500万円程度の初期費用を考えておきましょう。
開業の際に必要になる費用の種類は5つです。
敷金・保証金・内装等の物件の初期費用、備品、機器、消耗品費、広告費

エステサロン開業に必要な5つの費用と節約方法についても詳しく解説していきます。

敷金・保証金・内装等の物件の初期費用

敷金・礼金として家賃の4~6ヶ月分は見ておいた方がよいでしょう。 また、保証金が必要な場合には家賃の1年分必要になります。
家賃が20万円であれば80万円~240万円です。
物件によっては数百万円程度の保証金が必要になるケースもありますが、一般的には100万円前後あれば物件を借りることができると考えておきましょう。

内装のリフォーム費用は物件によってピンキリです。

・デザイン設計:25~50万円
・設計管理:15~40万円
・内装工事:20~50万円
・外装工事:40~100万円

一般的な20坪程度のエステサロンであれば100万円~300万円程度が内装費用だと考えておきましょう。
もちろんクロスや照明にこだわった場合には500万円以上の費用がかかります。 予算さえ提示すれば内装業者さんが予算内で施工してくれるので、まずは相談してみましょう。

備品

ベッドや家具などの備品類は以下の通りです。

・ベッド:5万円~10万円
・ホットタオルキャビネット:1万円~2万円
・その他家具:5万円~10万円

備品類では10万円~30万円程度の予算を考えておけば十分でしょう。

機器

エステの施術に必要な機器は、施術内容によってピンキリです。 500万円以上する脱毛器もあれば、オイルやスチームだけというケースもあります。
必要な機器を揃えましょう。

消耗品費

消耗品費はタオル、アルコール、白衣、カルテなどでこちらは数万円程度あれば揃えることができます。消耗品費として感染症対策のグッズを購入することも忘れないようにしてください。

広告費

開業当初は広告費もある程度は必要です。
例えばホットペッパービューティーの1ヶ月の掲載料金の最安値は2.5万円で、掲載順位が高くなるプランの場合には数十万円になります。
最初からある程度の顧客を確保したい場合には広告費として数十万円~100万円程度は見積もっておいた方がよいでしょう。
もちろん広告費をかけずにSNSなどで地道に発信していくのも有効な方法です。

エステの開業を成功させるポイントとは?

エステサロンを開業するために資格は必要ありません。
エステサロンを成功させるためには技術に加えて、コミュニケーションスキルや人脈が必要です。
顧客を満足させるためにコミュニケーションをとり、顧客の美容にとって有用な情報提供をすることで顧客は「この人じゃなきゃ駄目だ」と考えて、リピーターになり、知り合いを連れてきます。

また、最初のうちは個人的な知り合いを顧客にするのが最も確実です。
ある程度の売り上げを確保できる程度の人脈も必要でしょう。

まとめ

エステサロン開業に特別な資格は必要ありません。
知識と技術を向上させたい場合には日本エステティック協会の資格を取得しましょう。
また、エステサロン開業には一般的に50万円~500万円程度の費用が必要だと言われています。

予算の範囲内で、自宅で開業するか、賃貸で開業するか、内装はどうするかなど無理のない範囲での開業を検討しましょう。

関連記事

\ 1分で仮登録完了!/

お問い合わせ

お電話でのお申込み・ご相談をサポートセンターにて対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

  • 導入を検討している店舗様
    0120-957-640

    営業時間:10:00-19:00

    年中無休(メンテナンス日除く)

  • 審査中の店舗様
    0120-990-643

    営業時間:09:30-17:30

    平日のみ(土日祝日、メンテナンス日除く)

  • すでに導入済みの店舗様
    0120-990-640

    営業時間:24時間受付

    年中無休(メンテナンス日除く)

お問い合わせフォームはこちら

注意事項
  • ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。
  • ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ・PayPayマイストア ライトプラン(1,980円/店舗)を契約し、加盟店店舗(実店舗で使用している店舗)すべてでPayPayマイストア ライトプランを利用の場合、決済システム利用料が1.60%となります。未加入の場合は、1.98%になります。アリペイ・アリペイコネクトサービスにおける決済システム利用料は取引金額の1.98%(税別)となり、取引金額から自動で差し引かれます。(詳細はこちら)
  • ・PayPay決済が発生しない場合、上記の決済システム利用料は発生しません。
  • ・振込手数料は、「月末締め・翌日振込(月1回)」の場合、無料です。早期振込サービス(自動)へご加入の場合、別途サービス利用料と振込手数料が発生します。サービス利用料や振込手数料はこちらからご確認ください
  • ・記載の金額は税別です。
TOP

資料ダウンロード

PayPayの最新版資料が
無料でダウンロードできます

資料ダウンロード

電話で相談・申込み受付中

電話一本で申込み可能です!

0120-957-640

  • 営業時間:10:00-19:00
  • 年中無休(メンテナンス日除く)