1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. QRコード決済記事一覧
  4. QRコード決済のやり方は簡単!アプリを使ったキャッシュレス決済を始める方法

QRコード決済のやり方は簡単!アプリを使ったキャッシュレス決済を始める方法

スマホと笑顔の女性

スマホを使ったQRコード決済サービスが続々と登場しています。

便利そう、お得そう、と知っていてもやり方が難しそうで利用を控えたり、自分のお店へ導入することをためらっている方もいるのでは?

しかし、QRコード決済は簡単な手続きで利用を開始できるうえに、操作はとてもシンプル。

レジ前でお財布を出したり、小銭を数えたりという必要がなく、とってもスマートに会計できるのです。

消費者の方々には、アプリをダウンロードするところから、実際にお店で操作するところまでQRコード決済の方法を詳しくご紹介。

お店をもつ事業者の方々には、QRコード決済を選ぶポイントや導入のやり方を解説します!

QRコードを使うために必要なものをチェック

登録している様子

QRコード決済は、クレジットカードや銀行口座などと連携することで決済に使うポイントのチャージができます。

クレジットカードを利用する場合

連携できるクレジットカードは決済アプリによって異なるため、普段自分が使っているクレジットカードが利用できるか確認してみましょう。

また、クレジットカードによってポイントの還元率が異なる場合があります。

たとえばPayPayの場合、ヤフーカードからのチャージがあれば、PayPayボーナスとして最大3%還元が受けられるほか、ヤフーカードのポイント還元として、1%の還元も受けられます(※)。

一方でヤフーカード以外のクレジットカードの場合、PayPayからの還元率は0.5%となります。

QRコード決済でクレジットカードを利用したい場合、対応可能なクレジットカードの種類、そして、お得なものはどれなのかをよく確認してから選びましょう。

(※)2019年7月18日時点での情報です

銀行口座を利用する場合

QRコード決済は、銀行口座を連携して利用することもできます。

クレジットカード同様、QRコード決済サービスによって連携できる銀行口座は異なるので、自分が使っている銀行の口座との連携に対応しているか確認が必要です。

サービス内容には差がないため、使える銀行口座ならどれを選んでも大丈夫です。

QRコード決済を使うための準備

クレジットカード、もしくは銀行口座の用意ができたら、アプリと連携させます。

ここではPayPayのやり方をご紹介します。

「本人確認とか、面倒なんでしょ......」と思ってしまいがちですが、やり方は思いのほか簡単!ソファーでくつろぎながらでも簡単に設定できます。


いますぐPayPayアプリをダウンロード


クレジットカードを連携する

まずはクレジットカードを連携する方法です。

  1. アプリトップ画面から「支払い管理」をタップ
  2. 「クレジットカードを追加」を選択
  3. カード情報をカメラで読み取るか、必要情報を入力
  4. 「追加する」をタップ
  5. 本人認証サービス(3Dセキュア)
  6. 連携完了

銀行口座を連携する

次に銀行口座を連携する方法です。

  1. 『Yahoo!ウォレット』に銀行口座を登録
  2. 利用可能な金融機関はこちら
  3. PayPayアプリを開きホーム画面から「支払い管理」をタップ
  4. 「Yahoo!マネーを登録する」を選択
  5. SMSの認証コードをアプリに入力
  6. 暗証番号を設定
  7. 登録完了

『Yahoo!ウォレット』を介して銀行口座を連携することができました。

PayPay残高をチャージする

PayPay残高のチャージは、アプリ上で行います。

  1. アプリトップ画面の「チャージ」を選択
  2. チャージする手段を選ぶ
  3. チャージしたい金額を入力
  4. 「チャージする」をタップ

QRコード決済をお得&便利に使う方法

買い物袋をもつ女性

お店での支払いが主な利用方法になるQRコードアプリですが、使いこなすための方法はまだまだあります。他にどんな使い方があるのか見ていきましょう。

キャンペーンを利用して買い物をお得に

買い物利用時、スマホ決済の会社が用意しているキャンペーンを活用すれば、お得な特典を受けられます。

どこで買い物をすればお得か考えながら決済を楽しみましょう。

個人間でのお金のやり取りもQRコードで

お店への支払いだけでなく、友だちとのお金のやり取りもQRコードでできます。友だちとご飯に行ったとき、割り勘をしようと思ったら、現金がなくて慌ててコンビニでおろした経験はないでしょうか。

QRコードアプリがあれば、その場で銀行口座やクレジットカードからチャージして、友だちに送ることができます。中国ではお年玉でさえ、アプリを使って送るのが一般的になっています。

QRコード決済ができるお店を探してみよう

PayPayであれば、PayPayのQRコード決済サービスに対応している加盟店を探すことができます。

アプリで表示した地図に加盟店が表示されるため、近くに使用できる店舗がないか探してみましょう。

PayPayをきっかけに、思わぬお店とも出会えるかもしれません。

導入を検討している店舗向け!QRコード決済サービスの始め方

店舗を所有する事業者のみなさまに向けて、QRコード決済導入方法を解説します。

QRコード決済サービスを選ぶポイントは2つ

利用者数

導入するサービスを選ぶときに考慮したいのは、サービスのユーザー数とお店側が負担する手数料の2つではないでしょうか。

QRコード決済はまだまだ黎明期。これからユーザー数が一気に加速していくと予想されます。

より消費者に選ばれているサービスを導入することで、集客のチャネルを増やすきっかけにもなります。

大規模なキャンペーンやCMなどを通して集客に注力しているQRコード決済サービスを選ぶとよいでしょう。

PayPayでは、「100億円あげちゃうキャンペーン」などで集客に注力し、累計登録者数900万人を突破しました。

(※)2019年7月19日時点の情報です

しかもPayPayなら、決済アプリ上にPayPay導入店を検索できるマップ「近くのお店」機能を搭載。

お客様との接点を作り出すきっかけとして、ご活用いただいています。

地図

PayPay加盟店に申込む(無料)

お店側が負担する手数料

PayPay最大のおすすめポイントは、ユーザースキャンの場合、2021年9月30日まで決済システム利用料が無料になっていること。

さらに入金手数料も2020年6月30日まで無料となっています。(ジャパンネット銀行を利用すると永年無料)(※)

2019年7月にはアプリ版もリリースされました。詳しく知りたい方、導入を検討したい方は、下記にご連絡ください。

PayPay加盟店新規受付センター
0120-957-640
営業時間:10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)
shopinfo@paypay-corp.co.jp

また、2019年10月からは国が主導する「キャッシュレス・消費者還元事業」のポイント還元が始まります。
詳しくはこちらの記事をチェック!
キャッシュレス決済の還元率を上げるコツ!お得なキャンペーンもご紹介

(※)2019年7月15日時点の情報です

QRコード決済導入方法

ここではPayPayの導入方法を紹介していきます。

PayPayの公式サイト内にある「PayPay加盟店のお申込み」ページから必要事項を記入して送ると、入力したメールアドレスにPayPayからメールが届きます。

そのメールに記載されているリンクから申込みフォームに飛べるので、その後は審査に必要な情報を入力するだけ。お申込み後、約2営業日で審査結果をご登録メールアドレスへお送りします。審査が完了すると「PayPayコードキット」がお店に届きます。

初期設定を行って、QRコードを店頭に置けば準備完了。すぐにPayPayでの決済が可能になります。今なら初期費用もかからない(※)ので、PayPayの導入を考えている方はぜひ利用してみてください!

PayPay加盟店に申込む(無料)

(※)2019年7月15日時点での情報です (※)ユーザースキャンの場合に限ります

まとめ

QRコード決済のやり方はとても簡単。

キャンペーンやお得な使い方を知っていることで、かなり得に使いこなせちゃいます。

ライフスタイルにあった使い方ができるよう、PayPayから発信する情報を今後もチェックしてくださいね。

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※「ヤフーカード」は「Yahoo! JAPANカード」の愛称です。

関連記事

電話での申し込み
お問い合わせ

お電話でのご相談を土日祝日もサポートセンターにて対応しています。お気軽にお問い合わせください。

導入を検討している店舗様

0120-957-640

10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

申し込み、導入のご相談 0120-957-640

【受付時間】 10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

導入済み または 審査中の店舗様

0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応

導入済み または 審査中の店舗様 0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応