1. 加盟店様向けヘルプ
  2. 決済・返金
  3. PayPay商品券
  4. PayPay商品券とは?

加盟店様向けヘルプ

こちらは加盟店様向けのヘルプです。一般のお客様はこちら

PayPay商品券とは?

PayPay商品券とは?

PayPay商品券とは、有効期限と利用範囲が限定された、PayPayが発行する新たな支払い手段です。

PayPay商品券の導入を決めた自治体等が、株式会社さとふるが運営する「さとふる」のふるさと納税返礼品として提供するほか、各自治体が経済活性目的の施策として配布・販売しています。
PayPayユーザーアプリにて、これらの商品券を対象の加盟店にて利用することができます。

対象加盟店

PayPay加盟店が対象です。
対象加盟店にて、費用負担や事前の手続き等はございません。

PayPay商品券を利用した決済の流れ

ユーザーが読み取る場合の例

 

注意事項



1:決済額に対して、商品券残高が足りない場合、残りの金額は自動でPayPay残高が適用されます。
——————————————-
【ユーザーが「商品券の自動適用」を設定している場合】
2-1: PayPayの支払い方法の選択に関わらず、商品券が優先して支払いに利用されます。
2-2:初期設定の支払いを「クレジット(旧あと払い)」にしており、決済額に対して商品券残高が足りない場合は全額がクレジットで支払われます。
——————————————
【ユーザーが「商品券の自動適用」を設定していない場合】
3-1: ユーザーはお支払い方法でPayPay商品券を選択していただく必要があります。
3-2:PayPay商品券を選択した場合でも、お店のQRをユーザーが読み取るケースにおいては、初期設定の支払いを「クレジット(旧あと払い)」にしており、決済額に対して商品券残高が足りない場合は決済が失敗となります。
※お店がユーザーのQRを読み取る場合は、初期設定の支払いに限らず、PayPay残高が自動で適用されます。
——————————————
4:同一自治体の複数の商品券を持っている場合でも、1度の決済処理で利用可能な商品券は1つのみとなります。
——————————————
5:PayPay商品券の残高が決済金額に対して不足している等の理由の場合、他のPayPay商品券、あと払い(クレジット)、ポイント、現金との分割をしての決済が可能です。PayPay商品券の残高を残したまま有効期限切れになることを防ぐため、上記対応をPayPay商品券に限り許容します。
——————————————
6:PayPay商品券での決済の返金はPayPay商品券の有効期限内のみ可能です。返金処理を行った場合、そのPayPay商品券の残高として返金され、有効期限が延長されることはありません。
※PayPay商品券とPayPay残高を併用して支払われた場合での返金は、それぞれの支払い手段に返金されます。
——————————————
7:PayPay商品券でお支払いの場合、地方自治体キャンペーン、超PayPay祭など一部のキャンペーンにおける決済に伴うポイントは付与されません。PayPayステップも対象外となります。
※PayPay商品券とPayPay残高を併用して支払われた場合は、PayPay残高でのお支払い分に対してのみポイント付与がされます。

よくある質問

参考になりましたか?

送信しました。回答ありがとうございました。

解決しなかった場合は

TOP