1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. キャッシュレス記事一覧
  4. 塾経営でキャッシュレスを導入するメリットと注意点とは

塾経営でキャッシュレスを導入するメリットと注意点とは

塾経営でキャッシュレスを導入するメリットと注意点とは

この記事はこんな方におすすめ

  • 塾経営者の方
  • 学習塾にキャッシュレス決済を導入すべきか悩んでいる方

この記事によって分かること

  • 学習塾に必要なキャッシュレス決済の種類
  • 学習塾でのキャッシュレス決済の活用方法
  • 学習塾でキャッシュレス決済を導入する際の注意点とおすすめの決済サービス

塾経営においてもキャッシュレス決済を導入している事業者も多数存在します。 しかし「モノを売るような商売ではないから塾にキャッシュレス決済は必要ないのでは?」と思っている人も多いのではないでしょうか?
確かに、スーパーやコンビニなどと比較すると塾でキャッシュレス決済が利用される場面が少ないことは間違いありません。

しかし、塾でも決済の場面がある以上はキャッシュレス決済を導入しておいた方がよいでしょう。 塾経営においてはどんな場面でキャッシュレス決済が活用されるのか、メリットともに解説していきます。

塾でキャッシュレス決済を導入すべきか

一見キャッシュレスが必要なさそうに見える塾ですが、次のような理由から、塾にもキャッシュレス決済は導入した方がよいでしょう。

保護者の中にはキャッシュレス決済を希望する人もいる、キャッシュレス決済なら子どもも教材を買いやすい、キャッシュレス決済によるポイント還元は集客のインセンティブになる

導入コストがそれほどかからないのであれば、塾においてもキャッシュレス決済を導入することの方がメリットが大きいと言えるでしょう。

【用途別】塾で導入すべきキャッシュレス決済手段

塾で導入すべきキャッシュレス決済は優先度順に以下のようになります。

  1. QRコード決済
  2. クレジットカード決済
  3. 電子マネー

塾においてそれぞれの決済方法がどのような場面で利用されるのか、詳しく解説していきます。

QRコード決済

塾でも子供が現場で何かを買わなければならない場面もあるため、そのような時にはQRコード決済を導入しておくと便利です。
例えば塾で参考書や教材などを忘れた子供に販売する際に活用できます。 子供にスマホを持たせている親の中には、子供のスマホにキャッシュレス決済を入れている親も増えています。 現金を持たせるより安全で、何に使ったのが親が管理できるためです。
また、単発授業の代金を徴収する際にも活用できます。

クレジットカード決済

クレジットカード決済は塾の月謝を支払うのに便利です。 公共料金などをクレジットカードで支払いポイントを貯めたいというニーズは日々増えています。
「口座振替よりもクレジットカードの方がよい」という理由でクレジットカード決済に対応している塾を選んでしまう保護者も存在するかもしれないので、クレジットカード決済も導入しておいた方がよいでしょう。

電子マネー

電子マネーもQRコード決済と同じく単発授業や文房具などを売るときに便利です。 特に交通系電子マネーに対応させておけば、SuicaやPASMOなどにチャージしたお金で文房具や単発授業の代金を決済することができるので、多くの子供が支払いをすることができるようになります。
ほとんどの子供が電車やバスで移動する都市部では、多くの子供が交通系電子マネーを普通に持っています。
そのような環境下で塾を開業する場合には電子マネー決済の導入は必須と言っても過言ではありません。

塾でキャッシュレス決済を導入するメリット

塾でキャッシュレス決済を導入することは、生徒や保護者だけでなく、経営者側にも様々なメリットがあり、主なものとして次の5つをあげることができます。

・支払い漏れがなくなる。
・単発授業のお支払いが簡単。1回○円のような単発に対応しやすい。
・物品を売りたい場合などにも対応できる
・経理の手間、お釣りの用意の手間が省ける
・ユーザーにポイントが貯まるため、支払いへのインセンティブとなる

塾経営においてキャッシュレス決済を導入する5つのメリットについて詳しく解説していきます。

支払い漏れがなくなる

キャッシュレス決済を導入することによって「誰がいくら支払ったのか」という管理が容易になります。
現金で月謝などを支払う場合には「月謝を支払ったかどうか」ということを目視で確認しなければなりませんが、キャッシュレス決済はデータで確認することができます。 また、支払いの際に「今はお金がないから支払うことができない」という事態を逃れることもできます。
キャッシュレス決済を導入することによって、保護者や生徒から支払いの管理が容易になり、支払いの確実性も向上するでしょう。

単発授業のお支払いが簡単。「1回〇〇円」のような単発に対応しやすい

キャッシュレス決済を導入すれば単発授業の支払いが簡単です。 「1回〇〇円」のような単発授業の料金設定も自由自在に設定することができるので、より多くの生徒を獲得できるようになるでしょう。
月謝制しか採用してこなかった塾でも、単発を導入しやすいので売上の向上が期待できます。

物品を売りたい場合などにも対応できる

教材・参考書・文房具などの物品を売りたい場合にも、キャッシュレス決済を導入することによって対応しやすくなります。
これまでは「現金の管理を塾でしたくない」などの理由で、塾での物品の販売を避けていたという場合でも、キャッシュレス決済さえ導入してしまえば、現金を伴うことなく物品を容易に販売することが可能です。
これまで販売するのが難しかった参考書なども簡単に販売できるようになるので、月謝や講義代金以外にも売上を作ることができる可能性があります。

経理の手間、お釣りの用意の手間が省ける

キャッシュレス決済は会計ソフトなどに紐つけ、ソフトが自動記帳するよう設定することが可能です。
また、売上のデータなども自動集計してくれるので現金で販売するよりも会計処理が簡単になることは確実です。
さらに、キャッシュレス決済は現金の流出が伴わないのでお釣りを容易する手間を省略することができるというのも大きなメリットだと言えるでしょう。 これまで塾で物販をしていた場合も、キャッシュレス決済を導入することによってあらゆる処理が非常に楽になります。

ユーザーにポイントや還元された残高が貯まる

キャッシュレス決済で決済すれば、決済時にポイントが貯まります。 これまで他の塾で現金払いをしていた保護者が、「ポイントが貯まるから」とキャッシュレス決済を導入している塾へ乗り換える、という一つの理由になるかもしれません。
キャッシュレス決済を導入しているということ自体が、支払いへのインセンティブを高めるので、新たな売上や生徒の獲得につながる可能性があります。

塾でキャッシュレス決済を利用する際の注意点

塾経営でキャッシュレス決済を利用する場合には以下の2点だけには注意してください。

支払いサイクル、顧客が未成年者

キャッシュレスは現金決済ではないので塾の資金繰りに問題が生じてしまう可能性や、そもそも学生がキャッシュレスを利用できない可能性があるという点です。
詳しく解説していきます。

支払いサイクル

キャッシュレス決済で保護者や生徒が支払ったお金はすぐに塾へ入金になるわけではありません。 早くても数日程度、遅ければ1ヶ月先になってしまうので、その間の資金は手元に容易しておかなければなりません。
売上が即現金になるわけではないので、資金ギャップにズレが生じてしまうリスクも考慮しておきましょう。

PayPayであれば決済後、最短即営業日には入金になるので資金繰りにズレが生じません。 「キャッシュレス決済を導入したら資金繰りが心配」という人にはPayPayがおすすめです。

学生がクレジットカードを保有していない可能性

未成年がクレジットカードを保有していない場合は、物品の購入、単発授業などの支払いができないケースも想定しておかなければなりません。
クレジットカードは原則として18歳にならないと保有することができないためです。 塾にキャッシュレス決済を導入するのであれば、クレジットカード決済だけでなくQRコード決済なども導入しておきましょう。

学生も使えるQR決済としてはPayPayがおすすめです。 PayPayは利用者が未成年である場合でも、法定代理人の同意を得ている場合は未成年者が利用することができます。
そのため塾の生徒本人でも本人名義で契約することができるので、塾のキャッシュレス決済としてPayPayを導入しておくと非常に便利です。

まとめ

塾にキャッシュレス決済を導入することによって次のメリットを期待することができます。

・支払い漏れがなくなる。
・単発授業のお支払いが簡単。1回○円のような単発に対応しやすい。
・物品を売りたい場合などにも対応できる
・経理の手間、お釣りの用意の手間が省ける
・ユーザーにポイントが貯まるため、支払いへのインセンティブとなる

塾でもキャッシュレス決済を導入すれば、売上拡大に繋がる可能性がありますし、現金よりも管理が容易です。
ただし、キャッシュレス決済には、「資金ギャップが生じる」「学生が利用できない」という2つの問題があります。

PayPayであれば未成年の学生でも気軽に使え、入金サイクルも最短翌営業日入金(※)ですので資金ギャップは生じません。 塾経営にはPayPayの導入を検討しましょう。

(※)PayPay銀行は累計決済金額関わらず翌日入金となります。その他金融機関の場合、最短翌々営業日に入金となります。

関連記事

\ 1分で仮登録完了!/

お問い合わせ

お電話でのお申込み・ご相談をサポートセンターにて対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

  • 導入を検討している店舗様
    0120-957-640

    営業時間:10:00-19:00

    年中無休(メンテナンス日除く)

  • 審査中の店舗様
    0120-990-643

    営業時間:09:30-17:30

    平日のみ(土日祝日、メンテナンス日除く)

  • すでに導入済みの店舗様
    0120-990-640

    営業時間:24時間受付

    年中無休(メンテナンス日除く)

お問い合わせフォームはこちら

注意事項
  • ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。
  • ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ・決済システム利用料は、2021年10月1日以降有料となります。(2021年9月30日まで無料)なお、2020年4月1日以降新たに加盟店になった年商10億円以上の法人の場合は有料です。詳細はこちらまでお問い合わせください。
  • ・PayPay決済が発生しない場合、上記のPayPay決済システム利用料は発生しません。
  • ・具体的な利用料率について、2021年3月末にお知らせする予定でしたが、現在のコロナ禍の状況および経済情勢等を鑑み、お知らせする予定日を2021年8月31日に変更いたします。
  • ・入金手数料はPayPay銀行の場合のみ無料です。その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、入金金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。
  • ・ジャパンネット銀行は、PayPay加盟店様にとってさらに身近で便利な銀行を目指して、2021年4月5日に「PayPay銀行」へ社名を変更しました。
  • ・2020年10月1日よりアリペイ・アリペイコネクトサービスにおける決済システム利用料は取引金額の1.98%(税別)となり、取引金額から自動で差し引かれます。
TOP

資料ダウンロード

PayPayの最新版資料が
無料でダウンロードできます

資料ダウンロード

電話で相談・申込み受付中

電話一本で申込み可能です!

0120-957-640

  • 営業時間:10:00-19:00
  • 年中無休(メンテナンス日除く)