1. トップ
  2. キャッシュレス研究所
  3. スマホ決済記事一覧
  4. PayPayのスマホ決済を使えるお店を紹介【2019年7月】

PayPayのスマホ決済を使えるお店を紹介【2019年7月】

spp_shops_01

お得に買い物をするための方法として、TVやネットニュースで取り上げられる機会も増えたスマホ決済。最近ではPayPayをはじめ、たくさんのスマホ決済サービスが登場しています。

一方で、

「スマホ決済は、実際にどのような店で使えるの?」

「地方でもスマホ決済を使えるの?」

「多くの店舗に導入されているのはどのサービス?」

など、お店探しの方法がわからないユーザーもいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、今回はスマホ決済を使えるお店を具体的にご紹介します。

消費者がスマホ決済を使う3つのメリット

国内でも利用者が増えつつあるスマホ決済。現金決済と比べて、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

1. 会計がスマートになる

荷物で両手がふさがっているとき、バッグから財布を取り出して現金を数えたりカードを探すのはちょっとしたストレスになりますよね。
スマホの操作だけでお会計が完結したら、とても便利!

現金決済の場合には、財布からお金を取り出したり、釣銭を受け取ったりと、会計に時間がかかってしまうこともあります。

レジが混雑していると、なんとなく後ろに並んでいるお客さんからの無言のプレッシャーを感じてしまいますよね......。


一方で、スマホ決済の中でもQRコード決済は、レジ横に設置されているQRコードを読み取ったり、スマホ上に専用のQRコードを表示してリーダーで読み取ってもらったりするだけでスマートに会計できます。

また、スマホ決済を積極的に使って現金決済の機会を減らすことで、硬貨でお財布がパンパンになってしまうという悩みも解消できます。

2. 利用履歴を使って節約できる

多くのスマホ決済アプリは、決済機能だけではなく、決済金額や利用店舗・日時などを記録できる履歴機能を持っています。


  • いつ
  • 何に
  • どれだけのお金を使ったのか


これらの情報をアプリ上で自動的に「見える化」ができます。

そのため、スマホ決済を積極的に使えば、レシートをノートに貼り付けて、日々の出費を電卓で計算したりといった手間をかけずに、正確に家計を管理することも可能です。

その結果、無駄遣いにも気づきやすくなるので節約につながります。

3. 還元でお得に買い物できる

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」をはじめとして、キャッシュレス決済事業者の多くは、購入額に応じた一定割合の還元などを行うさまざまなキャンペーンを実施しています。

このようなキャンペーンを実施しているスマホ決済を使えば、現金決済よりもお得に買い物できます。

そして、2019年10月から「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートすることも注目すべきポイントです。

この事業は、2019年10月1日に消費税率が8%から10%に引き上げられることに伴う需要平準化対策として、中小・小規模事業者のキャッシュレス端末の導入などを支援する経済産業省主導の事業です。


同事業では、私たち消費者に対しても、2019年10月〜2020年6月の間、特定の店舗でスマホ決済をはじめとするキャッシュレス決済を使った場合に、最大で購入金額の5%が還元されるという制度が実施される予定です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

キャッシュレス決済の還元率を上げるコツ!お得なキャンペーンもご紹介

このように、スマホ決済にはさまざまなメリットがあります。
こうしたメリットの恩恵をできる限り多く受けるために、スマホ決済を積極的に使っていくことをおすすめします。

では、スマホ決済は実際にどのようなお店で使えるのでしょうか?

次の段落で、スマホ決済を使える系列店を紹介していきます。

スマホ決済を使える系列店

ここでは、PayPayを使ったスマホ決済ができるお店をご紹介します。

お買い物の際は、ぜひ店頭で「PayPay使えますか?」と聞いてみてください。

(※)2019年7月17日時点の情報です

コンビニ

spp_shops_02

「1日1回はコンビニに行く」

そんな方も多いのではないでしょうか?
それほど、現代ではコンビニが私たちの生活に欠かせない存在となりました。

最近ではコンビニ各社がさまざまなスマホ決済を導入しています。

【スマホ決済が使える代表的なコンビニ】

セブン-イレブン
国内21,005店

※2019年7月末時点

ファミリーマート
国内16,438店

※2019年6月末時点

ローソン
国内14,659店

※2019年2月末時点

※ローソングループの店舗=ローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100

※(株)ローソンストア100、(株)ローソン山陰、(株)ローソン高知、(株)ローソン南九州、(株)ローソン沖縄の運営する店舗数を含む

ミニストップ
国内2,004店

※2019年6月末時点

セイコーマート
1,188店(北海道1,090店、関東96店[茨城86店、埼玉10店])

※2019年7月末時点

ポプラ
国内461店

※2018年2月期

飲食店

spp_shops_03

最近では、飲食店でもスマホ決済の導入が進んでいます。

たとえば、カフェチェーンでは上島珈琲店やフレッシュネスバーガーがスマホ決済の導入をスタートしました。
そのほか、かっぱ寿司やピザーラのほか、魚民や金の蔵といった居酒屋チェーンもスマホ決済を導入しています。

飲食店での導入が進むなかで、グループ単位での飲食店利用者の利便性向上につながる「割り勘」機能をもったスマホ決済も登場しています。

たとえば、PayPayも「わりかん」機能を搭載しています。

spp_shops_04

操作はとても簡単で支払いの合計金額と一人当たりの負担額を入力して、メンバーのQRコードを読み取るだけで完了します。

グループメンバーがPayPay利用者であれば、アプリ上で簡単に割り勘ができるほか、すでに支払いを済ませたメンバーも確認できます。
これなら、大人数の宴席での会計作業も手間なく正確に済ませることが可能です。

【スマホ決済が使える代表的な飲食店】

松屋
国内1,169店

※2019年3月末時点

魚民
国内603店

※2019年8月6日時点

ピザーラ
国内553店

※2016年6月末時点

かっぱ寿司
国内325店

※2019年8月6日時点

フレッシュネスバーガー
国内185店

※2019年8月6日時点

上島珈琲店
国内110店

※2019年8月6日時点

金の蔵
国内61店

※2019年8月6日時点

スーパー

spp_shops_05

節約のために、近所のスーパーのチラシを見比べているという人も多いかと思います。
最近では多くの総合スーパーやディスカウントストアがスマホ決済を導入。

日常のお買い物をする場合にも、還元が期待できるスマホ決済を導入しているお店を利用することで、よりお得にお買い物がお楽しみいただけます。

【スマホ決済が使える代表的なスーパーマーケット】

オーケー
国内117店

※2019年3月期

グッデイ
国内65店舗

※2018年11月時点

シマホ
59店舗

※2018年8月末時点

アスタラピスタ
国内19店

※2019年8月6日時点

ドラッグストア

spp_shops_06

最近ではドラッグストアの多くが、医薬品はもちろん、日用品や飲食料品など非常に幅広い品目を販売しています。そのため、コンビニと同様に、毎日ドラックストアを訪れるという方も多いのではないでしょうか?

ドラッグストアでも、チェーン店を中心に続々とスマホ決済を導入しています。

【スマホ決済が使える代表的なドラッグストア】

ウエルシア/ドラッグ
国内1,750店

※2019年8月6日時点

ココカラファイン
国内1,407店

※2019年8月6日時点

サンドラッグ
国内1,147店

※2019年3月末時点

家電量販店

spp_shops_07

消費税増税前に、テレビや冷蔵庫、洗濯機、パソコンといった家電の買い替えをご検討している方は、スマホ決済を導入している店舗での購入を考えてみるのが良いかもしれません。

高額な家電をスマホ決済で購入することで、より多くの還元を受けられる可能性があります。

【スマホ決済が使える代表的な家電量販店】

エディオン
国内グループ直営店舗1,191店

※2019年3月31日時点

ヤマダ電機
国内グループ直営店舗956店

※2017年3月期

ケーズデンキ
国内498店

※2019年3月末時点

ビックカメラ
国内直営店41店

※2019年8月6日時点

このように、すでにさまざまなお店でスマホ決済を使うことができます。そして、スマホ決済が使えるお店はまだまだこれだけではありません。

スマホ決済が使える意外なお店

ホテルや旅館、レジャー施設でもスマホ決済が使えることがあります。

ホテル

spp_shops_08

ホテルや旅館の宿泊では、これまで、旅行サイトでの予約時にクレジットカードなどで事前決済をするか、チェックイン時に現地で現金決済をするという2択が一般的でした。

しかし、最近ではこの2つの選択肢に加えて、現地でのスマホ決済に対応したホテルや旅館が増えつつあります。

たとえば、下記のようなホテル・旅館はスマホ決済が利用できます。

【スマホ決済が使える代表的なホテル】
東横イン各店舗
ワシントンホテルプラザ各店舗
京王プラザホテル札幌

アミューズメント・レジャー施設

spp_shops_09

そのほかにも、アミューズメント施設やレジャー施設などでも、スマホ決済の導入が進んでいます。

【スマホ決済が使える代表的なアミューズメント・レジャー施設】
ビッグエコー各店舗
ヤフオク!ドーム
よみうりランド

スマホ決済が使える個人経営店

また個人経営店でもスマホ決済が使える店舗が増加しています。

そこで、最後にスマホ決済が使える個人経営店の具体例をいくつかご紹介します。

神立高原スキー場

東京駅から上越新幹線で新潟方面に1時間ほど、越後湯沢駅からは無料シャトルパス(約7分)でアクセスできる「神立高原スキー場」は、スマホ決済が使えるスキー場です。

スキー場では、リフトの利用や道具のレンタル、飲食店舗の利用など、支払いが必要なシーンが多々あります。
しかし、ゲレンデを滑っているときには、財布は荷物になったり、途中で落としてしまったりして紛失してしまうという心配もあります。

しかし、この神立高原スキー場はスマホ決済を使えるので、財布を持ち歩くことなく、スマホ1つあれば支払いを済ませることができます。

神立高原スキー場

落語の独演会

スマホ決済とは、一見すると縁遠いような世界でも導入が進みつつあります。その一例が、伝統芸能である落語の独演会です。

笑点メンバーである林家木久扇師匠のお弟子さんである林家木りんさんは、自身の落語会でスマホ決済を導入しました。


2019年2月に開いた「林家木りん 独演会」において、「当日券 3,000円 / 前売券 2,800円」に加えて、「PayPay払い 2,500円」の特別価格を設定して話題となりました。

落語家 林家木りんオフィシャルサイト|旅する木りん

スマホ決済が使える美容室

最近では、美容室やネイルサロン、エステサロンといった美容業界でもスマホ決済の導入が進んでいます。

東京都品川区の戸越銀座にある美容室「EVAH FACE」も導入を始めました。
待ち時間に、利用者向けのパンフレットをお渡しして、スマホ決済について紹介することで、お客様にもよりお得にサービスを利用していただいています。

EVAH FACE

今までにないオーダースーツ店

東京駅丸の内北口から徒歩2分のコミュニティ型ワークスペース「WeWork」丸の内北口内にある「KASHIYAMA The Smart Tailor 丸の内ガイドショップ」は、上質なオーダースーツを手ごろな価格で購入できるオーダースーツ店です。

出店当初、テナントとの兼ね合いもあって、現金、クレジットカードによる店舗での決済ができず、ECサイトでのオンライン決済を採用していました。

しかし、現金決済でもクレジットカード決済でもないスマホ決済を導入したことで、店舗での決済が可能になりました。

KASHIYAMA the Smart Tailor 丸の内ガイドショップ

相模原の地域密着スーパー「なかみせ」

スマホ決済を導入しているのは、大手のフランチャイズチェーンだけではありません。

たとえば、神奈川県相模原市の地域密着スーパーマーケット「なかみせ」は1店舗のみの展開ながらスマホ決済を導入しています。

なかみせ: 相模湖の地場スーパー

まとめ

「キャッシュレス・消費者還元事業」の実施によって、現金決済に比べてさらにお得感の増すスマホ決済は、今回ご紹介したように、コンビニやドラッグストアなど、多くの店舗でスマホ決済を利用できます。

そして、最後にご紹介したように、身近な個人経営店も、スマホ決済を導入しているケースも増えています。

また、現在はスマホ決済を導入していない店舗についても、今後導入する可能性もあります。

これからお買い物をする際はスマホ決済が使えるお店に関する情報にアンテナを張り、お得にお買い物を楽しんでください。

PayPay加盟店に申込む(無料)

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事

電話での申し込み
お問い合わせ

お電話でのご相談を土日祝日もサポートセンターにて対応しています。お気軽にお問い合わせください。

導入を検討している店舗様

0120-957-640

10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

申し込み、導入のご相談 0120-957-640

【受付時間】 10:00〜19:00(メンテナンス日を除く)

導入済み または 審査中の店舗様

0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応

導入済み または 審査中の店舗様 0120-990-640

24時間受付 土日祝日を含む365日対応