1. トップ
  2. 事例紹介
  3. 飲食
  4. PayPayアプリの機能でお店の紹介もできますから若い人も集客できますねー「兼六亭」

PayPay導入店にインタビュー!

〜QRコード決済導入のホンネ〜

PayPayをご導入いただいた店鋪の皆さまに、使い心地や導入による成果を伺うコーナー。
キャッシュレス化やQRコード決済導入をご検討の方は、ぜひご参考にしてください。

PayPayアプリの機能でお店の紹介もできますから若い人も集客できますねー「兼六亭」

店名
兼六亭

お客様から「クレジットカードとPayPay、どちらがいいかな」と相談いただくときは、PayPayをおすすめしています

石川県金沢市にある兼六園は日本三名園の一つに数えられる日本庭園。 広大な敷地の兼六園にある「兼六亭」は兼六園を訪れるお客様の「オアシス」となっているお茶屋さんです。

3つのポイント

  1. お客様にもお店にもメリットがあるので、お客様にはPayPayをおすすめ
  2. PayPayは難しい機器など不要でQRを置くだけで導入しやすかった
  3. PayPayアプリで近くのお店が地図で表示されるので、お店を紹介できて集客につながる

金沢名物の治部(じぶ)煮をのせた「じぶそば」の元祖としても有名で、これを目当てに「兼六亭」を訪れる方もいるほどです。
お手頃価格のメニューは、どなたでも気軽にお食事や軽食、おやつとして立ち寄っていただけるようなメニューにしています。

門田のじぶそば

金沢名物の治部(じぶ)煮をのせた「じぶそば」は「兼六亭」の一番人気。

お食事処の営業時間である朝9時からラストオーダーまで、たえずお客様がいらっしゃいます。
また、隣接された売店では、兼六園の徽軫灯籠(ことじとうろう)をモチーフにした和菓子や、日本の生産量の98%以上を占める金沢の金箔を使ったお土産が人気です。

門田の金箔

ーこの記事が参考になりそうな人ー
商品ラインナップが豊富なお店をお持ちのオーナー様
キャッシュレス化したいが機器導入など大変な作業はしたくないという事業者様


加盟店からPayPayは簡単でいいよと教えてもらった

――PayPayを導入したきっかけはなんですか?

九谷焼のお土産屋さんがPayPayを導入されていて。
その方からPayPayをすすめられました。

ちょうどそのとき、10月から始まる「キャッシュレス還元事業」に備えて、うちもなにか導入しようと思っていろいろな「ペイ」を調べていたのです。
PayPayは導入が簡単でいいよと教えてもらったのがきっかけです。

門田のインタビュー風景

PayPayのロゴを見て入店されている

――お店にいらっしゃるお客様はどんな方ですか?

お客様のほとんどは兼六園に観光でいらした方々です。
シーズンにもよりますが、日本国内のお客様は7割、訪日観光客の方は3割ですね。

ツアーがあると、1日のほとんどが海外からのお客様のときもあり、そのときはキャッシュレスが多くなります。

兼六園を散策されている途中に、うちの看板をご覧になって入店いただいているようです。
看板にはPayPayのロゴが貼ってありますので、PayPayが使えることも認識できると思います。

門田の外観

お客様にPayPayをおすすめしています

――お店の決済比率を教えてください

当店は現金とクレジットカードとPayPayでお支払いできます。
現金でのお支払いは6~7割、キャッシュレスは3~4割ですね。

クレジットカードの利用者がPayPayよりも多いですが、PayPay利用者は増えてきていると思います。

お客様から「クレジットカードとPayPayどちらで払ったほうがいいかな」と相談いただくときは、PayPayをおすすめしています。

お支払いが簡単で、決済手数料もかからないのでお店にとってはPayPayを使っていただくほうが助かります。

現金ですと、お釣りのやりとりがありますし、クレジットカードも工程に手間がかかりますので、それらと比べて従業員からも「PayPayは簡単だ」との声が出ています。

PayPayはお客様にとっても支払いしやすいように感じられます。

レジにあるQRコードを見て「PayPay使えるんだ」と言って使う方もいらっしゃいます。

門田のレジ

導入してよかった

――PayPayを導入していかがですか?

PayPayは知名度がありますし、利用者も多いと感じます。

スマホ決済の先頭を走っていると思います。

PayPayアプリでは近くのお店が地図で表示されますし、そこでお店の紹介もできますから、若い人も集客できますね。

導入してよかったです。

ほかのスマホ決済事業者からも導入しないかとお声がかかりますが、いまはすべてお断りしています。
オペレーションが増えて複雑になってしまいますし、PayPayは機器が不要で導入しやすかったですが、他社はそうもいかないようです。

うちのお店は「オンリーペイペイ」です!(笑)

門田の外観

――2020年春には、兼六園の入園料もPayPayでも支払えるようになるそうですね。

いずれ入園料もPayPayを導入すると思っていました。
入園料から茶屋のお支払いまでPayPayで済めば、お客様にとってもスムーズで便利になりますね。



PayPayは今後も機能を充実させ、よりよいサービスを提供してまいります。
全国各地多くの方にご利用いただいているPayPayの導入をぜひご検討ください。

店名:兼六亭
所在地:石川県金沢市兼六町1-20(兼六園内日本最古の噴水前)
連絡先:076-261-3783
HP:http://kenrokutei.com/

関連記事

\ 1分で仮登録完了!/

お問い合わせ

お電話でのお申込み・ご相談をサポートセンターにて対応しています。
お気軽にお問い合わせください。

  • 導入を検討している店舗様
    0120-957-640

    営業時間:10:00-19:00

    年中無休(メンテナンス日除く)

  • 審査中の店舗様
    0120-990-643

    営業時間:09:30-17:30

    平日のみ(土日祝日、メンテナンス日除く)

  • すでに導入済みの店舗様
    0120-990-640

    営業時間:24時間受付

    年中無休(メンテナンス日除く)

お問い合わせフォームはこちら

注意事項
  • ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。
  • ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。詳細はこちらまでお問い合わせください。
  • ・2020年10月1日よりアリペイ・アリペイコネクトサービスにおける決済システム利用料は取引金額の1.98%(税別)となり、取引金額から自動で差し引かれます。
  • ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。
 

資料ダウンロード

PayPayの最新版資料が
無料でダウンロードできます

資料ダウンロード

\ 1分で仮登録完了!/

無料でお店に導入する