PayPayからのお知らせ

新生活、引っ越し後の公共料金の支払いは、「PayPay請求書払い」が便利!~スマホがあれば、24時間どこでも支払い可能! ~

転勤、進学などなにかと引っ越しが増えるこの季節、公共料金のお支払いには「PayPay請求書払い」(※1)が便利です。税金や公共料金などを24時間いつでもどこでも払えるので、支払いのための外出や現金引き出しの手間や時間、引き出し手数料などの節約はもちろん、払い忘れの防止にもつながります。また、「PayPay請求書払い」をご利用いただくと、支払額に応じて、PayPayボーナスが付与されます(※2)。

引っ越しなどで、電気・ガス・水道料金などの公共料金や通信販売の自動振り込みの手続きが完了するまでは、請求書(払込票)が自宅に郵送されますが、「PayPay請求書払い」は、請求書(払込票)に記載されたバーコードを、PayPayアプリで読み取ってその場で支払うことができ、面倒な手続きなしにご利用頂けます。もちろん、毎月のお支払いでもご利用頂けます。


こんな方に便利!
・転勤や進学で新生活を始めた方
・面倒な手続きなしに支払いをしたい方
・なるべく外出は避けたい方
・公共料金をお得に支払いたい方
・口座振替手続きの完了待ちで、払込票がお手元にある方


また、「PayPay請求書払い」をよりよく知ってもらうための3本のオリジナル動画を公開しました。
こちらよりご覧ください。
・「PayPay請求書払い」の利用方法
・「PayPay請求書払い」の機能紹介
・公共料金支払いを「PayPay請求書払い」とコンビニでお支払い頂いた時の比較

※1 ご利用にはPayPayアプリの1.34.0バージョン以上が必要です。

※2 3月31日までの付与率は0.5%、4月1日からの付与率は最大1.5%になります。 付与率についてはこちらでご確認下さい。

また、お一人様につき、以下の付与上限があります。

-3月31日までの「1回のお支払いにおける付与上限」:2,500円相当

-4月1日からの「1回のお支払いにおける付与上限」:7,500円相当

-「1カ月の付与合計上限」:「PayPayでのお支払いで最大1.5%付与」と「特定サービス利用特典」の付与分と合算して15,000円相当

PayPayボーナスの付与は、支払日の翌日から起算して30日後です。ユーザーのご利用状況やシステム上の都合などにより、付与時期が遅くなる場合があります。また、支払いに利用できるのはPayPay残高のみとなり、クレジットカードはご利用いただけません。

関連記事