PayPayからのお知らせ

香川県善通寺市とQRコード決済に関する協定を締結

 2020年2月7日、善通寺市とQRコード決済に関する協定を締結しました。善通寺市は、市民の利便性向上や日本政府のキャッシュレス・ビジョンに資する取り組みを推進するため、2月18日より善通寺市役所にQRコード決済サービス「PayPay」を試験導入しました。これまで現金のみの取り扱いだった支払窓口に占めるキャッシュレス決済利用者の割合を測定のうえ、本格的な導入を検討していきます。なお、中四国地方の自治体において、「PayPay」で住民票交付手数料が支払えるようになったのは今回が初めてです。



 
  2020年2月18日、今回の協定の締結にあたり善通寺市市役所で記者会見を行い、善通寺市の平岡政典市長は、市民課窓口にて住民票を発行し、手数料を「PayPay」で支払いました。

■利用可能となる窓口
・善通寺市役所市民課(住民票手数料、印鑑証明書手数料等)
・善通寺市役所税務課(所得証明手数料、納税証明手数料等)

※納税はできません。
※支払窓口に設置するQRコードを、スマートフォンアプリ「PayPay」で読み取ることで、各種手数料を支払えるようになります。

 今後もPayPayは、全国の地方自治体のキャッシュレス化に対する取り組みに必要なサポートとサービスを提供していきます。

※「QRコード」は、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

関連記事