PayPayからのお知らせ

横浜スタジアムへの「PayPay」導入を記念し、本日より横浜ベイスターズの「カードきせかえ」が登場!「#PayPayきせかえして観戦」!

今シーズンより、プロ野球開催時の横浜スタジアム場内店舗、場外店舗、客席販売員(売り子)、当日チケット販売、グッズ販売などで「PayPay」での決済がご利用いただけるようになります。(※)

※ 2020年6月19日に開幕するプロ野球の公式戦は当面の間無観客での試合開催が決定しているため、その間は場外グッズ売り場「BAYSTORE HOME」、「BAYSTORE PARK」でのみ「PayPay」をご利用いただけます。

■「横浜DeNAベイスターズ選手集合」

■「横浜DeNAベイスターズマスコット」

また、いよいよ開幕するプロ野球を大いに盛り上げていくため、本日より「#PayPayきせかえして観戦」と題し、PayPayアプリのバーコード部分を横浜DeNAベイスターズの監督、選手やマスコットの画像に設定できる「カードきせかえ」の提供を開始します。横浜DeNAベイスターズのきせかえは全2種類で、「横浜DeNAベイスターズ選手集合」はA.ラミレス監督、山﨑選手、今永選手、佐野選手、宮﨑選手、「横浜DeNAベイスターズマスコット」は横浜DeNAベイスターズのマスコット「DB.スターマン」と「DB.キララ」がデザインされています。テレビ観戦などでの応援が続く間は、ハッシュタグ「#PayPayきせかえして観戦」をつけ、お気に入りのきせかえについてSNSに投稿しながら、プロ野球観戦をお楽しみください。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

関連記事