PayPayからのお知らせ

6月1日:PayPay残高利用規約改定のお知らせ

2021年6月1日付で以下のとおり、PayPay残高利用規約の改定を行いますので、お知らせします。

■改定日

2021年6月1日

■改定事項

1. PayPay残高利用規約(第3編第2条第6項を追加)

・PayPayマネー残高が100万円を超える場合、当社は所定の方法により利用者に返還できることを規定いたします。

第3編 PayPayマネー
第2条 PayPayマネーの購入(チャージ)

1.~5. 省略
6. 当社は、利用者が購入したPayPayマネーが為替取引に用いられることがないと当社が認めた場合、当社所定の方法により利用者に返還することができるものとし、利用者は、返還に関する当社からの問い合わせに対応するものとします。

■改定の背景

2021年5月1日に施行された改正資金決済法において、PayPayは第2種資金移動業者として、以下の内容を義務付けられたことによるものです。

お客様がお持ちのPayPayマネー残高が100万円を超え、その残高が当面利用する予定がないと当社が判断した場合は、お客様に対して出金を依頼し、さらに一定期間出金されない場合、当社からお客様へ返還しなければならない。


■PayPayマネー残高上限の変更について

上記改定に合わせ、2021年6月1日より、PayPayマネーの残高上限額を500万円から100万円へ変更いたします。

2021年6月1日以降はPayPayマネー残高の上限が100万円を超えるチャージができなくなりますので、ご注意ください。
また、現時点で100万円以上のPayPayマネー残高をお持ちのお客様は、2021年5月31日までに残高を100万円以下にしていただきますようお願いします。

詳細は以下のお知らせをご確認ください。

<2021年5月1日 公表>
保有できるPayPayマネーの残高上限が変わります

関連記事

TOP